タグキーワード 「 切ない話 」に属するコンテンツを表示中です

お母さんの勲章 ~小学校の給食費を払えない月もありましたね~

赤ちゃんを抱いて見つめる母親

暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。以来、母は昼夜を問わず働きました。そしてどん底の生活にも関わらず彼女を大学にまで通わせてくれたのです。

訪れなかった日曜日 ~私が4歳の時、父と母は離婚した~

カレンダーの日曜日の部分

彼女が4歳の時に両親が離婚し、母が家を出ました。以来、彼女は母に会っていません。やがて大人になり彼女は結婚、子供も生まれたある日、我が子が言いました「ママを産んだのは誰?」

自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~

並んで座る幼い兄弟の後姿

その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているのでしょう。しかし少年はそれでも願わずにいられないのです。

ばあばとの約束 ~妻よ、きみと俺の愛する娘は今日4歳になったよ~

見上げる女の子

彼の奥さんが他界してから7ヶ月後、娘さんは4歳の誕生日を迎えました。その日、親子は奥さんの墓参りへ行ったのですが、娘は墓前でおばあちゃんと自分との約束をパパに教えてくれたのです。

最強最高の兄ちゃん ~兄が親戚中に土下座し、俺と妹の事よろしく頼むと~

三人兄妹

三人兄妹の両親が交通事故で他界。そして兄妹は親類縁者に引き取られバラバラに。一年後に長男からの電話がありました。「兄弟3人で暮らさないか」、それは待ちに待った言葉でした。

闇の中のポチ ~薬の副作用で絶えず襲われる虚脱感で半日以上眠り続ける生活~

お座りして飼い主を見上げる白いスピッツ犬

ある日、巨大掲示板「2ちゃんねる」に愛犬を亡くした女性からの書き込みがありました。その愛犬は、免疫系の病気で精神的に参っていた彼女とその家族を暗い闇から救ってっくれた犬でした。

涙のお味噌汁 ~娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた~

テーブルの上のお味噌汁

クリスマスの数日前、6歳の娘さんが欲しいものをサンタへの手紙に記していました。ご両親は「何が欲しいのかなぁ」と手紙を開けます。するとその手紙には切ない娘の祈りが詰まっていました。

ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~

向日葵のブーケを持ち、笑顔で新郎に寄り添う新婦

お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮名で書かれたその手紙には、娘への愛が詰まっていました。

ミスドの親子 ~ゆーえんちいって、かんらんしゃ!おかーちゃんいっしょ!~

ミスタードーナッツ店内の様子

ある日曜日、ミスタードーナッツに行くと、後ろの席に若いお父さんと3歳ぐらいの可愛い男の子の親子が座りました。肩越しに聞こえてきたその親子の会話は、なんだか切なかったのです。

天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~

封筒に入った手紙を手にして見つめる男性

彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。それは先立った愛しい妻からの手紙でした。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する