タグキーワード 「 いじらしい話 」に属するコンテンツを表示中です

自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~

並んで座る幼い兄弟の後姿

その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているのでしょう。しかし少年はそれでも願わずにいられないのです。

ばあばとの約束 ~妻よ、きみと俺の愛する娘は今日4歳になったよ~

見上げる女の子

彼の奥さんが他界してから7ヶ月後、娘さんは4歳の誕生日を迎えました。その日、親子は奥さんの墓参りへ行ったのですが、娘は墓前でおばあちゃんと自分との約束をパパに教えてくれたのです。

ミスドの親子 ~ゆーえんちいって、かんらんしゃ!おかーちゃんいっしょ!~

ミスタードーナッツ店内の様子

ある日曜日、ミスタードーナッツに行くと、後ろの席に若いお父さんと3歳ぐらいの可愛い男の子の親子が座りました。肩越しに聞こえてきたその親子の会話は、なんだか切なかったのです。

とうちゃんの卵焼き ~帰りの車中で「なんか食べに行こうか?」と尋ねると~

卵焼きのアップ画像

息子さんが通う保育園での遠足。しかし奥さんは出産のため入院中。お父さんは悪戦苦闘してお弁当を作ったのですが、あまり出来がよくありません。でも息子はちゃんと分かっているのです。

メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~

手をつなぐ女の子の画像

ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまいました。その時友人がとった行動が泣かせるのです。

さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~

婚約指輪をつけて手を取り合う男女

ある男性が結婚まで考えていた彼女に振られました。他に好きな男が出来たということでした。それから半年… 失恋のショックから少しずつ立ち直っていた彼に、彼女の妹から電話が…

娘のいたずら ~嫁は激怒、しかられて長女も大泣き~

折れたクレヨンの画像

4歳の娘さんが幼稚園の行事の参加記念品としてもらったクレヨンのセット。ところがそれをその日の内に全部ボキボキに折ってしまいます。親御さんが叱った後で理由を聞いてみると…。

残された幼い兄妹 ~「あのね、みーちゃんこれ食べたの」~

幼い兄妹

裏金融に勤めていた彼が借金の取立てに行きました。すると親が消え、幼い兄妹だけが残されていました。「何食ってたんだ?」と聞くと上の子は下をむいて泣き始めてしまったのです。

空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~

クリスマスツリーの下に置かれたプレゼントのイラスト

クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱ったのですが、実は娘の行為には深い理由があったのです。

ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する