タグキーワード 「 事故や災害の話 」に属するコンテンツを表示中です

結婚式で姪がくれた言葉 ~大学入試の時、入学金の事親に言えないでいたら~

輸血用静脈針を刺された腕

子連れ同士のカップルが結婚。当然そこには、血の繋がる者と繋がらない者が入り混じった家族が生まれました。しかしこの家族にとっては、血の繋がりなどに大した意味はなかったようです。

【動画】知っていますか? 大和民族の真の姿を(第二次世界大戦と東日本大震災)

第二次世界大戦や東日本大震災などの極限状態に置かれたとき、我々日本人がどのように振舞ったかがよく分かる動画を集めました。「日本人はもっと自信をもってよいはずだ」と思います。

エルトゥールル号の遭難 ~今もトルコの人達は忘れていません~

嵐の海と灯台の画像

明治23年9月16日。台風が大島を襲い、波と風に煽られたトルコ船が樫野崎灯台付近で大破。遭難者を発見した灯台守は樫野の村に助けを求めました。そして必死の救助活動は始まったのです。

ありがとう阪急電車 & 「生」の字のモニュメント(兵庫県宝塚市武庫川)

武庫川の鉄橋を渡る阪急電車の車両

この記事では阪神大震災にまつわるお話を二つ紹介しています。一つは阪急電車の復旧に関するエピソード、もう一つは阪急電車の鉄橋がある武庫川のモニュメントのエピソードです。

埃まみれのパンチパーマ ~撮影してはギャーギャー騒いでいた~

刺青を入れた男性

阪神大震災後、あるファミレスが食事をボランティアで無料提供。目が回りそうな忙しさの中、恐らくは他県から震災見物に来た若者がワガママ放題。店員の怒りが頂点に達したその時…

家内を亡くしました ~いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに~

事故で中央分離帯に乗り上げたタクシー

妊娠中の奥さんは、タクシーに乗っている時に交通事故で亡くなりました。居眠り運転のトラックが原因でしたが運転手には同情すべき理由もあり、やり場のない悲しみだけが残りました。

ちょこんと座った女の子 ~「なんだこれは、夢か?まだ夢か?」~

座っている幼女

彼は20歳の時に結婚。学生結婚です。二年ほどした頃、奥さんの妊娠が発覚、彼はとても喜んで働くために大学を辞めました。しかし、その幸せな時間は突然のように終わりを告げたのです。

しょっぱいお豆 ~事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり…~

交通事故で横転した車

誰かが交通事故を起こせば、不幸になるのは被害者とその家族だけではなく、事故を起こした加害者の家族も不幸になるのです。「誰も幸せにしない出来事」それが交通事故なのです。

神様への手紙 ~4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきた~

文字を教わる幼女

4歳になる娘さんが、お母さんに「字を教えて欲しい」と頼みました。お母さんはどうせすぐ飽きるだろうと思っていたのですが、娘さんにはとても深くて強い思いがあったのです。

血だらけのその手 ~ごめんね。帰省させなきゃ良かったね。~

震災により被害を受けたビル

彼女は普段、あまり喜怒哀楽を表さない姑と「が通じ合っていない」と感じていました。けれど、突然に未曾有の大災害が襲ってきたその日、彼女は姑の真の心根を目の当たりにするのです。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する