タグキーワード 「 苦しんだ話 」に属するコンテンツを表示中です

月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~

愛犬に寄り添う飼い主

彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬。家族同然にすごした数年の後、別れの時はやってきました。

しょっぱいお豆 ~事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり…~

交通事故で横転した車

誰かが交通事故を起こせば、不幸になるのは被害者とその家族だけではなく、事故を起こした加害者の家族も不幸になるのです。「誰も幸せにしない出来事」それが交通事故なのです。

ブラウン管の外のプロポーズ ~彼女ビックリしてた。目がまん丸~

カップルのシルエット

ある男性が5年以上同棲している彼女にプロポーズを決意。その経緯を2ちゃんねるに書き込んだのですが、展開は意外なものでした。「俺と結婚してくれ」、彼の全力の一言に彼女は…。

ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~

日記と眼鏡

2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言葉の裏には、受け止めきれないほどの愛が隠れていたのです。

温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~

お婆さんが乗った車椅子を押す男性

2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏には涙なくして語れない悲しいエピソードがあるのです。

母さんのサンドイッチ ~まさ君… お母さんはどうなっちゃうんだろ~

三角に切られたサンドイッチの画像

交通事故をきっかけに、お母さんが鬱になってしまいました。頼れる者もない状況の中で、受験を控えた中学3年生の息子さんが、辛い日々の様子やお母さんへの想いを語ります。

幼い娘の言葉 ~そうやって声を掛け合ってるわけよ~

神奈川県警の事故処理車の画像

彼は4年ほど前に、交通事故で4歳の息子と妻を失いました。そして残された当時1歳との娘との暮らしがはじまりました。最愛の家族を失うということは、とても悲しく切ないのです。

ドロップアウトした医者 ~包茎手術から植毛、美容外科まで~

クリニックの看板の画像

3歳の娘さんを案じながら奥さんは亡くなりました。旦那さんは医師の仕事を続けるため奥さんの実家に娘をあずけました。表向きはなんとか回っているようでしたが、やはり歪はあったのです

ファミコンよりも大事なもの ~泣いたね、、。初めて言ったよ~

ファミリー・コンピュータの画像

少年はファミコンが欲しくて堪りませんでしたが、お家は母子家庭で貧乏でした。自力でなんとかしようと新聞配達でお金を貯めました。でも、もっと大事なものがある事に気付きました。

アルコールのニオイがする日記 ~もう怖くない・・・愛してます~

キスをする恋人同士

幼馴染の彼女は病気と戦っていました。彼女の入院費を稼ぐために働く両親の代わりに、彼は必死で彼女を支え、彼女の孤独な病院生活に色を取り戻そうと頑張りました。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する