タグキーワード 「 淋しい話 」に属するコンテンツを表示中です

ファミレスの訳あり親子 ~「ご飯ちゃんと食べてるかwww?」~

ファミリーレストランの店内

とあるファミレスで一人の男性が食事をしていると、前のテーブルで中年男性と女子高生が会話をしていました。男性がその二人の会話を聞いていると、どうやら訳ありの親子ご様子です。

笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~

父親と湯船につかる赤ちゃん(娘)

娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ちだったのでしょう。嬉しさと、淋しさと…。

父のワイン ~これじゃあ酒でまだお前に負けることはないな~

食卓に用意されたしゃぶしゃぶとボジョレーヌーボー

ある日、今ひとつ仲が良くなかったお父さんとワインを酌み交わしました。お父さんは次の日から入院することになっており、「一応、別れの杯だ」などと冗談を言っていたのですが…。

3本のビデオ ~「あなた、サキのためにビデオを3本残します…」~

ハロウィンの魔女カード

サキちゃんのお母さんは思い病気と闘っていましたが、ある日、お母さんは自分の死期を悟ったのか枕元に父さんを呼んでこう言いました。「あなた、サキのためにビデオを3本残します…」

月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~

愛犬に寄り添う飼い主

彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬。家族同然にすごした数年の後、別れの時はやってきました。

野球ごめんね ~父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた~

子供を抱き上げてキスをしている木彫りの人形

彼が幼い頃に父親は他界しました。それ以来、母は女手ひとつで彼を育ててくれました。お金が無いので暮らしは決して楽ではありませんでした。けれどあふれるほどの母の愛がありました。

ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~

日記と眼鏡

2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言葉の裏には、受け止めきれないほどの愛が隠れていたのです。

魔法のポケット ~このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!~

夜の公園に捨てられた空き缶

彼の幼稚園の制服のポケットは魔法のポケット、叩くとなんでも欲しいものが出てきます… と、少なくとも彼自身はそう信じていました。けれど、どうしても欲しいアレだけは出てきません。

神様への手紙 ~4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきた~

文字を教わる幼女

4歳になる娘さんが、お母さんに「字を教えて欲しい」と頼みました。お母さんはどうせすぐ飽きるだろうと思っていたのですが、娘さんにはとても深くて強い思いがあったのです。

温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~

お婆さんが乗った車椅子を押す男性

2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏には涙なくして語れない悲しいエピソードがあるのです。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する