タグキーワード 「 淋しい話 」に属するコンテンツを表示中です

自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~

並んで座る幼い兄弟の後姿

その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているのでしょう。しかし少年はそれでも願わずにいられないのです。

闇の中のポチ ~薬の副作用で絶えず襲われる虚脱感で半日以上眠り続ける生活~

お座りして飼い主を見上げる白いスピッツ犬

ある日、巨大掲示板「2ちゃんねる」に愛犬を亡くした女性からの書き込みがありました。その愛犬は、免疫系の病気で精神的に参っていた彼女とその家族を暗い闇から救ってっくれた犬でした。

涙のお味噌汁 ~娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた~

テーブルの上のお味噌汁

クリスマスの数日前、6歳の娘さんが欲しいものをサンタへの手紙に記していました。ご両親は「何が欲しいのかなぁ」と手紙を開けます。するとその手紙には切ない娘の祈りが詰まっていました。

ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~

向日葵のブーケを持ち、笑顔で新郎に寄り添う新婦

お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮名で書かれたその手紙には、娘への愛が詰まっていました。

天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~

封筒に入った手紙を手にして見つめる男性

彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。それは先立った愛しい妻からの手紙でした。

痰助と名付けた猫 ~湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた~

痩せた野良猫

その猫と彼の出会いは湖の駐車場。帰りの車内で喉に痰を詰まらせる猫の様子を見て彼は「痰が詰まってるから痰助」と名付けました。でも本当は痰が詰まっているわけではありませんでした。

迷惑かけてゴメンね ~一年前の今頃、妹が突然電話をかけてきた~

妹を気遣う幼い兄

普段あまり交流のない妹から突然の電話。病院で検査をしたら家族を呼べと言われたらしいのです。妹さんは両親に心配をかけたくなかったらしく「内緒に」と頼まれたのですが…。

母の炊き込みご飯 ~「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」~

お箸を添えられた炊き込みご飯

小学校の頃に大好きだったお母さんの炊き込みご飯。誕生日や記念日には必ず出てきていた炊き込みご飯。大人になって、実家に帰ると待っている炊き込みご飯。お母さんの味でした。

ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~

任天堂ゲームボーイ本体とゲームソフト

お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のGBソフトと枕元の手紙、そして返しきれない感謝の気持ち。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する