タグキーワード 「 心温まる話 」に属するコンテンツを表示中です

オムライスとご飯 ~かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた~

オムライスとライス

彼の家は母子家庭でとても貧乏でした。貧乏であるがため高校に進学することすらできず、そのため学がありません。食事に行ってもメニューが読めないほどに学が無かったのです。

駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~

駄菓子屋の店先

近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日、そのお婆ちゃんに困った事件が起きたのですが…

お爺ちゃんを庇う犬 ~いい人じゃなくて、いい犬の話~

飼い主と散歩する犬

愛犬とお爺さんが山道を散歩していました。疲れたので途中のベンチに座って一休みしているとある事件が起きました。その時、愛犬がとった行動にはご主人への愛があふれていたのです。

二人目のお母さん ~「今日からこの人がお前のお母さんだ」~

花を添えたプレゼントの箱

ある日、父親が新しいお母さんを連れてきました。その数年後、父親は交通事故で帰らぬ人となりました。残された彼と継母の、その後の人生はどのようなものだったでしょう。

消化現場から燃え上がった恋心 ~大事な話があるんだけど…~

火災現場で消化活動を続ける消防士の画像

消防士の仕事は命賭けで炎を消すことです。が、とある消防士は消化現場での出会いがきっかけで胸の内に大火災を起こします。ポカポカとと心が温まる恋のお話はいかがでしょうか?

天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~

赤いランドセルの女の子画像

幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余裕はありませんでした。そこで少女は一計を案じます。

月まで届くホームラン ~少年はその選手へファンレターをつづり~

ボールを打とうとしてスイングしている大リーガーの画像

アメリカのとある地方に野球が大好だけれども目が見えない少年がいました。手術を前に少年は一人の大リーグ選手へ気持ちを伝えます。「つよいこころがほしい。ぼくのヒーロー…」と。

ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~

スゴロクで遊ぶ男の子の画像

祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しいおばあちゃんは、そのとき何を思っていたでしょう。

チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~

ケーキ屋のショーケースの画像

表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいようで、ガマ口の中のお金を数え始めるのですが…。

トムの桜 ~猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった~

桜の木に登っている猫の画像

小学校の友人が、子猫をいじめていました。ポリバケツの中に入れられて体の半分以上が水に浸かっているその子猫は今にも死にそうでした。その時、彼の中で何かが弾けたのでした。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する