タグキーワード 「 高潔な人の話 」に属するコンテンツを表示中です

祖父の誓い ~近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた~

神社で手を合わせる男性の後姿

彼の祖父は癌によって亡くなりましたが、生前、痛みを和らげる治療を含む一切の治療を拒否していました。苦しみながらも頑なに治療を拒否した理由は、祖父が残した手紙に綴られていたのです。

【動画】知っていますか? 大和民族の真の姿を(第二次世界大戦と東日本大震災)

第二次世界大戦や東日本大震災などの極限状態に置かれたとき、我々日本人がどのように振舞ったかがよく分かる動画を集めました。「日本人はもっと自信をもってよいはずだ」と思います。

最強最高の兄ちゃん ~兄が親戚中に土下座し、俺と妹の事よろしく頼むと~

三人兄妹

三人兄妹の両親が交通事故で他界。そして兄妹は親類縁者に引き取られバラバラに。一年後に長男からの電話がありました。「兄弟3人で暮らさないか」、それは待ちに待った言葉でした。

エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~

エメラルドグリーンの空の画像

小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせます。そんなA君を回りの子は笑い者にしています。

エルトゥールル号の遭難 ~今もトルコの人達は忘れていません~

嵐の海と灯台の画像

明治23年9月16日。台風が大島を襲い、波と風に煽られたトルコ船が樫野崎灯台付近で大破。遭難者を発見した灯台守は樫野の村に助けを求めました。そして必死の救助活動は始まったのです。

涙の輸血 ~一本の細い腕が恐る恐るあがりました。~

爆弾を投下するB-52

ベトナムの村にある孤児院が爆撃を受けました。複数のケガ人がでましたが、中でも特に8歳の女の子が重傷で危険な状態。輸血が必要な状況で名乗りを上げたのはヘングという名の少年でした。

小学一年の聖人 ~「兄ちゃんなんかバカじゃないか」~

教の天井に吊られた短冊

ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれ、その数年後に次男が誕生しました。小さい頃は弟が兄を蔑むような言動がありました。しかし、お母さんは焦らずに次男の心の成長を待ったのです。

最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~

太平洋戦争時にガダルカナル島の海岸に沿って行軍する日本軍の様子

詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。ついには、彼のお爺さんも感染してしまうのですが…。

サンタのDS ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~

壊れているニンテンドーDS

このお話は東日本大震災発生の数日後に2ちゃんねるに書き込まれたものです。スーパーに並んでいると、壊れたニンテンドーDSをもって泣きべそをかいている少年がいました。そこへ…

兄ちゃんはヒーロー ~真っ暗な夜、ずっと歌を歌って励ましてくれた~

後ろから弟を抱く少年

借金から逃げるため両親が子供を置き去りにして行方をくらましました。残されたのは幼い兄弟。兄は必死で弟を守ろうとしました。弟にとって兄は神様でありヒーローだったのです。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する