タグキーワード 「 いい話 」に属するコンテンツを表示中です

子供の日の出来事 ~「ロクな大人の ロク って何さ?」~

こいのぼりの人形

子供の日に親戚一同が顔を揃えました。その席で、いつものように「二人目の子供を」という要求(説教)が始まりました。困った顔をして話を聞くご夫婦の脇から小5の息子が口を挟みます。

ちょこんと座った女の子 ~「なんだこれは、夢か?まだ夢か?」~

座っている幼女

彼は20歳の時に結婚。学生結婚です。二年ほどした頃、奥さんの妊娠が発覚、彼はとても喜んで働くために大学を辞めました。しかし、その幸せな時間は突然のように終わりを告げたのです。

赤と水色のおもちゃの指輪 ~もう私頑張れないかも。もう、駄目~

赤と水色のおもちゃの指輪

中々子供に恵まれないその夫婦は、三度目の流産を告げられた後、病院の待合室で悲しみに暮れていました。その時です、「もう死にたい」と泣く奥さんに、ひとりの少年が近づいてきました。

常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~

コンビニエンスストアの入り口

彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことなどですが、5年ぶりに寄った勤め先でその後の話を知ります。

ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~

畳まれて片付けられたダンボール箱

その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛び散って迷惑…」との苦情が。渋々片付け始めたところ…。

少年からのカード ~一人、服装が不潔でだらしなく、…~

汚れた服を着た少年の胸元

その先生にはどうしても好きになれない生徒がいました。理由は服装が不潔でだらしがないからです。けれどある時、先生は知るのです。その少年が他の子より重いものを背負っていることを。

小さなママ ~娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている~

幼い弟の手を引く姉

奥さんが他界して1年。幼い姉弟を抱える彼の家庭はまだそのショックから立ち直ってはいませんでした。そんな矢先、息子の幼稚園で運動会がありました。父はそのとき娘の思いに涙するのです。

サンタのDS ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~

壊れているニンテンドーDS

このお話は東日本大震災発生の数日後に2ちゃんねるに書き込まれたものです。スーパーに並んでいると、壊れたニンテンドーDSをもって泣きべそをかいている少年がいました。そこへ…

55年越しのゴールイン ~マラソンの発展のために50年間尽くしてきた~

金栗 四三(かなぐり しそう)の写真と人物についての簡単な説明

日本の「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)さん。1912年(明治45年)にストックホルムオリンピックに出場するも、トラブルで行方不明扱いに。そしてその後…。

お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~

お婆ちゃんの笑顔

保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆ちゃんが連れていた男の子二人の会話を耳にするのですが…。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する