天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~

封筒に入った手紙を手にして見つめる男性

彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。それは先立った愛しい妻からの手紙でした。

痰助と名付けた猫 ~湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた~

痩せた野良猫

その猫と彼の出会いは湖の駐車場。帰りの車内で喉に痰を詰まらせる猫の様子を見て彼は「痰が詰まってるから痰助」と名付けました。でも本当は痰が詰まっているわけではありませんでした。

さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~

婚約指輪をつけて手を取り合う男女

ある男性が結婚まで考えていた彼女に振られました。他に好きな男が出来たということでした。それから半年… 失恋のショックから少しずつ立ち直っていた彼に、彼女の妹から電話が…

天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~

飛行機の窓から見た雲海

彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人がポツリと言った一言は、とても深く切ないものでした。

エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~

エメラルドグリーンの空の画像

小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせます。そんなA君を回りの子は笑い者にしています。

エルトゥールル号の遭難 ~今もトルコの人達は忘れていません~

嵐の海と灯台の画像

明治23年9月16日。台風が大島を襲い、波と風に煽られたトルコ船が樫野崎灯台付近で大破。遭難者を発見した灯台守は樫野の村に助けを求めました。そして必死の救助活動は始まったのです。

兄貴の「カーブ」 ~兄ちゃんがお前を大学に行かせてやる!~

二人の少年がキャッチボールをしている画像

母子家庭で経済的に恵まれていないにも関わらず、彼は大学へと進むことができました。それはお兄さんの頑張りのおかげでした。そのお兄さんの通夜の席からの書き込みです。

軽自動車のナンバー ~お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな~

軽自動車の前に二人の女性が立っている画像

若い女性がお父さんに軽自動車を買ってもらいました。そして、その車のナンバーをある言葉の語呂合わせにしたのです。すごく短い話なんですが温かい気持ちになれるお話です。

娘のいたずら ~嫁は激怒、しかられて長女も大泣き~

折れたクレヨンの画像

4歳の娘さんが幼稚園の行事の参加記念品としてもらったクレヨンのセット。ところがそれをその日の内に全部ボキボキに折ってしまいます。親御さんが叱った後で理由を聞いてみると…。

見映えの悪いお弁当 ~今日の弁当美味しかった? としつこく尋ねて~

手作り弁当の画像

お母さんが作るお弁当は、なぜかとても見映えが悪く友達に見られるのが恥ずかしいと思っていました。時が過ぎたある日、ふとした偶然からお弁当の見映えの理由を知るのです。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する