チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~

ケーキ屋のショーケースの画像

表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいようで、ガマ口の中のお金を数え始めるのですが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私が財布から紙幣を出していると、表のガラスドアが開いて、五、六歳くらいの 女の子が入ってきた。

顔を赤くし、必死の面持ちで、

「あのう、すいません」

と言った。私の相手をしていた女性がはい、と言って女の子の方に向き直ると 彼女は、

「あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか」

と丁寧な口調で尋ねた。店員は女の子の必死の気配がおかしかったのか、

「四百三十円です」

と笑いながら応えた。

女の子は漫画のついた自分のガマ口を開け、二百円、三百円・・・、 と声を出してお金を勘定していたが、

「ああ、ないー」

と悲しそうな声を出した。そして、

「どうもありがとうございましたー」

と泣きそうな顔で言うと、ガマ口も閉めず一礼してガラスドアの方へ向かって駆け出した。

すると彼女にとっては厄日だったか、ドアの前で人と衝突し、ガマ口からお金をばら撒いてしまった。

子供にぶつかるとはなんという不注意な人間だろうと思って衝突相手を見ると、私の友人だった。

御手洗もさすがに悪いと思ったらしく、急いで屈み込むと、

「ああ、ごめんね」

と言いながら、女の子と一緒にお金を拾い集め出した。

「二百円、三百円、四百円・・・・・、あれえ、ほら、四百八十円あるじゃないか、チーズケーキが買えるよ」

と私の友人は、拾ったコインを女の子の小さな手に渡しながら言った。

「あれえ、本当だー」

と女の子は言った。

「駄目だよ、きちんと数えないと」

と、御手洗は笑いながら言った。女の子は嬉しそうにコインを握りしめ、私の横に戻ってきた。

どうやら女の子はチーズケーキを買うことができるようだった。

空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~
クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱っ...
天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~
彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人...
思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~
お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のG...
シワシワの手 ~おばあちゃんは汚い服ばっかり着てる。~
「祖母、母、自分」の3人暮らしで育った彼に大学受験の時期がやってきました。が、志望大学に落ちてしまいます。彼の家は経済的...
義父が勇者になった日 ~コタツで肩までもぐってウトウトしてたら~
彼がコタツでウトウトしていると、義父が義母にとんでもないことを言い始めます。どうやら彼が居ることに気付かず二人っきりだと...