チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~

ケーキ屋のショーケースの画像

表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいようで、ガマ口の中のお金を数え始めるのですが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私が財布から紙幣を出していると、表のガラスドアが開いて、五、六歳くらいの 女の子が入ってきた。

顔を赤くし、必死の面持ちで、

「あのう、すいません」

と言った。私の相手をしていた女性がはい、と言って女の子の方に向き直ると 彼女は、

「あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか」

と丁寧な口調で尋ねた。店員は女の子の必死の気配がおかしかったのか、

「四百三十円です」

と笑いながら応えた。

女の子は漫画のついた自分のガマ口を開け、二百円、三百円・・・、 と声を出してお金を勘定していたが、

「ああ、ないー」

と悲しそうな声を出した。そして、

「どうもありがとうございましたー」

と泣きそうな顔で言うと、ガマ口も閉めず一礼してガラスドアの方へ向かって駆け出した。

すると彼女にとっては厄日だったか、ドアの前で人と衝突し、ガマ口からお金をばら撒いてしまった。

子供にぶつかるとはなんという不注意な人間だろうと思って衝突相手を見ると、私の友人だった。

御手洗もさすがに悪いと思ったらしく、急いで屈み込むと、

「ああ、ごめんね」

と言いながら、女の子と一緒にお金を拾い集め出した。

「二百円、三百円、四百円・・・・・、あれえ、ほら、四百八十円あるじゃないか、チーズケーキが買えるよ」

と私の友人は、拾ったコインを女の子の小さな手に渡しながら言った。

「あれえ、本当だー」

と女の子は言った。

「駄目だよ、きちんと数えないと」

と、御手洗は笑いながら言った。女の子は嬉しそうにコインを握りしめ、私の横に戻ってきた。

どうやら女の子はチーズケーキを買うことができるようだった。

月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~
彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬...
軽自動車のナンバー ~お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな~
若い女性がお父さんに軽自動車を買ってもらいました。そして、その車のナンバーをある言葉の語呂合わせにしたのです。すごく短い...
上田勝恵一等海佐の粋な対応 ~対応した「かしま」艦長はこう答えた~
2000年7月4日。20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う式典に参加した自衛艦「かしま」に、英国の豪華客船「クイーンエリ...
涙の輸血 ~一本の細い腕が恐る恐るあがりました。~
ベトナムの村にある孤児院が爆撃を受けました。複数のケガ人がでましたが、中でも特に8歳の女の子が重傷で危険な状態。輸血が必...
母のワガママ ~「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で…~
就職活動で大変だった大学三年のある日、お母さんから唐突に沖縄旅行に誘われたのですが、「今は大事な時期だから」と断ってしま...