お兄ちゃんとドラクエ3 ~3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした~

ファミコンゲーム「ドラゴンクエスト」のスクリーンショット

彼女にはの3つ年上のお兄さんがいました。とても優しいお兄さんで、小さい頃にはドラクエ3を一緒にやった思い出があります。でもそれはとても悲しい思い出なのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私には、兄がいました。

3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。

ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。)

勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。

バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。

苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。

たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。

とても、強かったので、大苦戦してました。

ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。

「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」

私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、

なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。

そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。

葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを

棺おけにいれようとしたのを覚えてます。

お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。

でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。

だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。

私は、くる日もくる日も時間を見つけては、

砂漠でレベ上げをしてました。

ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。

そして、なんとなく、強くなったら、

ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。

兄は、とっても強くなりました。

とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。

それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。

その時、初めて私は、泣きました。

ずっとずっと、母の近くで泣きました。

お兄ちゃんが死んじゃった。

やっと、実感できました。

今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。

最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~
詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。つ...
(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ! ~たのむから神様何とかして下さい~
彼女の旦那さんはとても優しい人でした。いつでも、どんな時でも自分のことは後回しにして彼女を思いやる人でした。そう… 最後...
消化現場から燃え上がった恋心 ~大事な話があるんだけど…~
消防士の仕事は命賭けで炎を消すことです。が、とある消防士は消化現場での出会いがきっかけで胸の内に大火災を起こします。ポカ...
さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~
ある男性が結婚まで考えていた彼女に振られました。他に好きな男が出来たということでした。それから半年… 失恋のショックから...
闇の中のポチ ~薬の副作用で絶えず襲われる虚脱感で半日以上眠り続ける生活~
ある日、巨大掲示板「2ちゃんねる」に愛犬を亡くした女性からの書き込みがありました。その愛犬は、免疫系の病気で精神的に参っ...