親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~

医学生の学習風景の画像

「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言ったか」ではなく、「何を言ったか」なのかもしれません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大学中退

自分にできる微かな抵抗

ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった

フリーターをして食いつないでいた四年間

別にいつ死んでもいいとさえ思ってた

四年ぶりの親父との電話

「病院は経営難で畳むことにした。俺の考えを押し付けて悪かったな。

母さんが心配してるいつでも帰ってこい」

声が震えていた

5年ぶりの帰郷

久しぶりに会った親父

なんでこんなに痩せてんだよ

あんなにデカかった背中は見る影も無くなってた

患者のいなくなった病院を寂しそうに見ていた

26歳医学部二回生

ただあんたが見てきた風景を見てみたくなっただけ

ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~
お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮...
少年からのカード ~一人、服装が不潔でだらしなく、…~
その先生にはどうしても好きになれない生徒がいました。理由は服装が不潔でだらしがないからです。けれどある時、先生は知るので...
温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~
2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏に...
軽自動車のナンバー ~お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな~
若い女性がお父さんに軽自動車を買ってもらいました。そして、その車のナンバーをある言葉の語呂合わせにしたのです。すごく短い...
天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~
幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余...