親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~

医学生の学習風景の画像

「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言ったか」ではなく、「何を言ったか」なのかもしれません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大学中退

自分にできる微かな抵抗

ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった

フリーターをして食いつないでいた四年間

別にいつ死んでもいいとさえ思ってた

四年ぶりの親父との電話

 

「病院は経営難で畳むことにした。俺の考えを押し付けて悪かったな。

母さんが心配してるいつでも帰ってこい」

 

声が震えていた

5年ぶりの帰郷

久しぶりに会った親父

なんでこんなに痩せてんだよ

あんなにデカかった背中は見る影も無くなってた

患者のいなくなった病院を寂しそうに見ていた

 

26歳医学部二回生

ただあんたが見てきた風景を見てみたくなっただけ

kokoro堂の管理人です。

ようこそ「kokoro堂」へ。当サイトは感動する話、泣ける話などをネットで拾い集めるまとめサイトです。嫌なニュースや出来事、ストレスなどで心が汚れちゃったら遊びに来てください。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する