ファミコンよりも大事なもの ~泣いたね、、。初めて言ったよ~

ファミリー・コンピュータの画像

少年はファミコンが欲しくて堪りませんでしたが、お家は母子家庭で貧乏でした。自力でなんとかしようと新聞配達でお金を貯めました。でも、もっと大事なものがある事に気付きました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。

すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。

俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、

「ファミコン持ってない奴が怪しい」

なんて、真っ先に疑われたっけ。

貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!

って悪態ついたときの母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。

 

どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。

これでようやく遊べると思ったんだけど、

ニチイのゲーム売り場の前まで来て買うのやめた。

 

そのかわりに小3の妹にアシックスのジャージを買ってやった。

いままで俺のお下がりを折って着ていたから。

 

母にはハンドクリーム買ってやった。

いっつも手が荒れてたから。

 

去年俺は結婚したんだけど、

結婚式前日に母に大事そうに錆びたハンドクリームの缶を見せられた。

泣いたね、、。初めて言ったよ。。

 

「生んでくれてありがとう」

って。

kokoro堂の管理人です。

ようこそ「kokoro堂」へ。当サイトは感動する話、泣ける話などをネットで拾い集めるまとめサイトです。嫌なニュースや出来事、ストレスなどで心が汚れちゃったら遊びに来てください。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する