親父に貰った金ピカの時計 ~あてになんねーだろ人のゆうことなんざ~

古びた腕時計の画像

「金に困ったら売れ!」と、お父さんから貰った時計は偽物でした。しかしそれは、経営者として生きてきたお父さん流の教育でした。このお話は腕時計にまつわる親子愛の話です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大学が決まり一人暮らしの前日の日

親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。

「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」

そういってた。

二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。

ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。

紛れもない偽物であることが判明した。

すぐに親父電話した。

俺「おい!偽物子供につかませんなよ!」

親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ。最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」

親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」

俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」

親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」

親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。

今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。

そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が

また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。

親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」

オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」

二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・

親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。

常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~
彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことな...
エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...
トムの桜 ~猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった~
小学校の友人が、子猫をいじめていました。ポリバケツの中に入れられて体の半分以上が水に浸かっているその子猫は今にも死にそう...
子育てって難しい ~同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ~
「娘を育てるなんて簡単!」と強がるお父さんの本音や戸惑いがコミカルに語られている2ちゃんねるの書き込みです。大学受験と結...
オムライスとご飯 ~かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた~
彼の家は母子家庭でとても貧乏でした。貧乏であるがため高校に進学することすらできず、そのため学がありません。食事に行っても...