親父に貰った金ピカの時計 ~あてになんねーだろ人のゆうことなんざ~

古びた腕時計の画像

「金に困ったら売れ!」と、お父さんから貰った時計は偽物でした。しかしそれは、経営者として生きてきたお父さん流の教育でした。このお話は腕時計にまつわる親子愛の話です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大学が決まり一人暮らしの前日の日

親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。

「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」

そういってた。

二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。

ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。

紛れもない偽物であることが判明した。

すぐに親父電話した。

俺「おい!偽物子供につかませんなよ!」

親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ。最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」

親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」

俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」

親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」

親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。

今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。

そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が

また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。

親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」

オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」

二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・

親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。

バラソフトのお兄ちゃん ~うちの娘、聴覚障害者で…~
「バラソフト」を買いに行く小3の女の子が、途中で「ばらソフトクリーム1個下さい」と書いた紙を落としてしまいます。実は女の...
3本のビデオ ~「あなた、サキのためにビデオを3本残します…」~
サキちゃんのお母さんは思い病気と闘っていましたが、ある日、お母さんは自分の死期を悟ったのか枕元に父さんを呼んでこう言いま...
天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~
幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余...
押入れの中のアサヒビール ~「 ビールは何を飲むんや?」~
無口でとっても怖い頑固な親父。そんなお父さんが、なぜか毎日孫の世話にやって来るようになりました。その行いの陰にはどんな気...
親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...