親父に貰った金ピカの時計 ~あてになんねーだろ人のゆうことなんざ~

古びた腕時計の画像

「金に困ったら売れ!」と、お父さんから貰った時計は偽物でした。しかしそれは、経営者として生きてきたお父さん流の教育でした。このお話は腕時計にまつわる親子愛の話です。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大学が決まり一人暮らしの前日の日

親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。

「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」

そういってた。

二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。

ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。

紛れもない偽物であることが判明した。

すぐに親父電話した。

俺「おい!偽物子供につかませんなよ!」

親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ。最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」

親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」

俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」

親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」

親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。

今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。

そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が

また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。

親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」

オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」

二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・

親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。

ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~
2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言...
ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~
祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しい...
オレンジ色のチューリップ ~どれにしよっか、お母さん何が好きかなぁ?~
とある花屋さんに小学一年生ぐらいの女の子が花を買いにきました。けれどその日は母の日でもクリスマスでもありません。少女が花...
チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~
表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいよう...
みなぎる運動会 ~生まれたときに肺に水が入っちゃって~
今度の土曜日はお父さんにとっても息子さんにとって初めての運動会。実家に電話をかけまくってお父さんは大ハリキリです。そして...