上田勝恵一等海佐の粋な対応 ~対応した「かしま」艦長はこう答えた~

自衛艦「かしま」の画像

2000年7月4日。20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う式典に参加した自衛艦「かしま」に、英国の豪華客船「クイーンエリザベス号」が接触。その時、「かしま艦長」の対応は見事でした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。

翌日の5日に英国の豪華客船「クイーンエリザベス号」が入港してきたのだが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン河の流れに押された。

巨大な客船は、あれよあれよと言う間もなく、係留中の我が海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったのである。

着岸した「QE」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきた。

相手の詫び言に対応した「かしま」艦長はこう答えた。

「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。
それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」

これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、 ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサーのユーモアのセンスを評価する声が高かったそうである。

「かしま」艦長、上田勝恵一等海佐の対応の見事さは勲章ものではないでしょうか。

笑う女子高生 ~「てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!」~
都内某所にお花見に行った時のこと。その日はやけに肌寒く、温かい飲み物を求めて最寄のスターバックスは長蛇の列。彼女もそこに...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...
満席のバスと赤ん坊 ~私はどうしていいかわからず、多分皆も…~
ある男性が病院の帰り、いつものようにバスに乗りました。しばらくして満席となったバスの車内で、突然赤ちゃんが泣き出します。...
兄ちゃんはヒーロー ~真っ暗な夜、ずっと歌を歌って励ましてくれた~
借金から逃げるため両親が子供を置き去りにして行方をくらましました。残されたのは幼い兄弟。兄は必死で弟を守ろうとしました。...
天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~
彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ...