国防の盾 ~敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

金色の丸い盾の画像

自衛隊反対には、戦時に「殺される覚悟」災害時には「救われない覚悟」が必要です。そうした思想は個人の自由ですが、しかし、それを他人に押し付けるのは果たして正しいのでしょうか?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ある日曜の午後、街を歩いているとデカデカと『自衛隊反対』と書かれた横断幕を持った10人ぐらいの集団が演説をしていた。先頭に立ちマイクで「自衛隊ハンターイ」「自衛隊は即刻、解体しろー」と叫んでいるのは50代後半と見られる中年の男性だ。

あの男性見覚えがある。確かTV番組で「敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ」などとバカなことを言っていた人だ。バカだなぁと思いながら演説を聞いていると、1人の若い男性がつかつかとその演説をしている中年男性の元に歩みよりいきなり拳を振り上げた。

咄嗟に中年男性は両手を上げ、身を守ろうとした。すると若い男性は言った、

「それが自衛隊や。あんたを傷つけようと振りかざしたこの右手やなく、それから身を守ろうとあんたが咄嗟に出したその両手が自衛隊や。」「あんたは日本からその両手を奪おうとしてるんやで。」

その瞬間まわりで事の一部始終を見ていた人達から拍手が起こり、何も言い返すことが出来なかった中年男性の声にならない声がマイクを通して辺りに虚しく響いた。

ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~
祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しい...
ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~
その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛...
親父に貰った金ピカの時計 ~あてになんねーだろ人のゆうことなんざ~
「金に困ったら売れ!」と、お父さんから貰った時計は偽物でした。しかしそれは、経営者として生きてきたお父さん流の教育でした...
しょっぱいお豆 ~事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり…~
誰かが交通事故を起こせば、不幸になるのは被害者とその家族だけではなく、事故を起こした加害者の家族も不幸になるのです。「誰...
娘のアルバイト ~小2の娘がバイオリンを習いたいと言い出した~
小2の娘さんが「バイオリンを習いたい」と言い出しました。奥さんは習わせたい言いますが彼は反対し夫婦喧嘩に発展しますが、そ...