メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

手をつなぐ女の子の画像

ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまいました。その時友人がとった行動が泣かせるのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

小学校6年くらいの時の事

親友と、先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が「アッ」と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった。

その時まで実の両親だと思っていたので心底衝撃を受けた。

帰り道、どんな顔で家に帰っていいか分からず、公園のブランコに座って立てなくなった私に、親友はずっと付き添っていてくれ、

「よし、じゃあ私と姉妹の盃を交そう」

とか言って、カバンからメロンのアイスの容器(メロンの形のやつ)を出して、水道の水をくんで飲んだ。

一体何のテレビを見たのか、「盃の契りは血のつながりより強いんだよっ」なんてメロンのカップ片手に言う親友がおかしくて、思わず泣きながら笑いあった。

十数年たって私が結婚する事になり、結婚直前に二人で酒でも飲む事にした。

『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って、あの時もらったメロンのカップをカバンにこっそり忍ばせて飲んでたら、突然親友がポロポロ泣き出して

「あの時、あの時、気付かせてしまってごめんね」と。『養女』の文字を隠さなかった事をずっとずっと悔やんでいたと泣いた。

そんな事、反抗期に親に反発しそうな時も、進学の学費面で親に言えなくて悩んだ時も、机の上でメロンのカップが見守っていてくれたから、あなたがいてくれたからやってこれたんだと伝えたかったのに、

ダーダー涙流しながらダミ声でドラえもんのように「ごれ゛ぇ~」とメロンのカップを出すしかできなかった。

親友もダーダー涙流しながら「あ゛~ぞれ゛ぇ!」と言って、お互い笑って泣いて、酒を酌んだ。

もちろんメロンのカップで。

もうすぐ親友の結婚式があるので思い出した。

親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...
お爺ちゃんを庇う犬 ~いい人じゃなくて、いい犬の話~
愛犬とお爺さんが山道を散歩していました。疲れたので途中のベンチに座って一休みしているとある事件が起きました。その時、愛犬...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...
空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~
クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱っ...
常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~
彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことな...