お母さんの勲章 ~小学校の給食費を払えない月もありましたね~

赤ちゃんを抱いて見つめる母親

暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。以来、母は昼夜を問わず働きました。そしてどん底の生活にも関わらず彼女を大学にまで通わせてくれたのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「私を大学に通わせてくれた母へ」
 
あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね

私が産まれて時、あなたは泣きながら喜んだんですね

私が一歳の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね

借金を返すために昼はパート夜は居酒屋で仕事の毎日でしたね

保育園では遠足のおやつは雑穀のおはぎでしたね

小学校の給食費を払えない月もありましたね

修学旅行のおみやげはご当地キーホルダーだけでしたね

中学の制服は親戚のおさがりでしたね

高校のお弁当はいつもご飯に梅干しと海苔でしたね

無理を承知で大学行きたいと頼んだ時、あなたは反論しませんでしたね

ごみ処理場から捨てる予定の参考書をもらいに行きましたね

お金がかかるから私立は受けられず、国立専願受験でしたね

センター試験の前日には初めて特上寿司を食べさせてくれましたね

センター試験に失敗したけど、あなたは最後まで諦めないよう励ましてくれましたね

前期に落ちて、一度私は自殺しかけましたね

あなたは怒ることもなく、ずっと私に謝り続けていましたね

私もあなたにずっと謝り続けましたね

そして私は気持ちを切り替えて後 私はその後も頑張って勉強して、

なんとか後期に合格することが出来ましたね

あなたはずっと「おめでとう、おめでとう」と泣き続けてくれましたね

でもあなたは入学の準備の時に急に倒れて病院に運ばれましたね

医者が、癌が全身に転移していてこれから一週間が峠だと告げましたね

私がただただ泣き続けている時にあなたは

「この体の傷や癌の一つ一つが

 あなたを育てあげた立派な勲章なのよ」

と微笑みながら言いましたね

あなたは最後まで泣くことも苦しむこともなく、静かにこの世を去りましたね

今私は医者になるために毎日一生懸命に勉強していますよ

あなたの命を奪った癌に苦しむ人々を治療して助けたいから

私が育った環境は決して恵まれてはいなかったけれど

あなたに生まれ、育てられて本当によかったよ

ありがとう、お母さん

ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~
2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言...
子育てって難しい ~同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ~
「娘を育てるなんて簡単!」と強がるお父さんの本音や戸惑いがコミカルに語られている2ちゃんねるの書き込みです。大学受験と結...
温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~
2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏に...
天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~
彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ...
国防の盾 ~敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ~
自衛隊反対には、戦時に「殺される覚悟」災害時には「救われない覚悟」が必要です。そうした思想は個人の自由ですが、しかし、そ...