心が温かくなるすれ違い ~うん。わかるよ、いきなりこんな事言われたら…~

幼い息子を抱きかかえる父親

十分でない意思の疎通や勘違というものは、多くの場合、人間同士の信頼関係を壊す方向に作用します。しかし時にはそういった意思のすれ違いが、人間同士の絆を深めることもあるようです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「俺とオヤジに血のつながりがない事を俺は知らないと両親が思ってた事」

結婚したい子が出来た、とオヤジに言ったら数日後「大事な話がある」と言われ家族会議になった。

今までにない、真剣な顔で

父「実は、俺と…俺と、お前は血のつながりがないんだ」

俺「…うん、知っ…」

父「でもな! でも! 父さんは、いつだってお前を本当のムスコと思ってきた!」

俺「いや、うん。だから、知っ…」

父「お前は、俺のムスコだぁぁぁぁ!」

父、涙目。

母、号泣。

俺、呆然。

父「うん、わかるよ、いきなりこんな事言われたら… 混乱するよな… 黙ってて悪かった。うん。父さんが悪かっ…」

俺「知ってるよね?俺」

父「うん、そうだよな……… あ?」

俺「いや、だから俺。それ知ってるよ」

父「え?」

俺「え?」

嘘みたいだけど、本当の会話。リアルで 「え?」を言い合うとは思ってもみなかったw

オヤジは、母親と結婚する前うちの隣に住んでた。

3才くらいの時、母親に

「たーちゃん(オヤジ)が、パパになったらあっくん(俺)はどう?」

と聞かれたのを覚えてる。

俺は、確か「すごく嬉しい」みたいな事を言ったはず。

それを母親に言ったら、

「だって… あっくん小さかったし。絶対覚えてないと思って…」

と泣かれた。

オヤジは、そっか。知ってたか。

知ってて一緒にいてくれたのか。と泣いた。

危うく俺も泣きそうになったw

結婚式で姪がくれた言葉 ~大学入試の時、入学金の事親に言えないでいたら~
子連れ同士のカップルが結婚。当然そこには、血の繋がる者と繋がらない者が入り混じった家族が生まれました。しかしこの家族にと...
ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~
祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しい...
チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~
表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいよう...
ブラウン管の外のプロポーズ ~彼女ビックリしてた。目がまん丸~
ある男性が5年以上同棲している彼女にプロポーズを決意。その経緯を2ちゃんねるに書き込んだのですが、展開は意外なものでした...
母の炊き込みご飯 ~「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」~
小学校の頃に大好きだったお母さんの炊き込みご飯。誕生日や記念日には必ず出てきていた炊き込みご飯。大人になって、実家に帰る...