心が温かくなるすれ違い ~うん。わかるよ、いきなりこんな事言われたら…~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

幼い息子を抱きかかえる父親

十分でない意思の疎通や勘違というものは、多くの場合、人間同士の信頼関係を壊す方向に作用します。しかし時にはそういった意思のすれ違いが、人間同士の絆を深めることもあるようです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「俺とオヤジに血のつながりがない事を俺は知らないと両親が思ってた事」

結婚したい子が出来た、とオヤジに言ったら数日後「大事な話がある」と言われ家族会議になった。

今までにない、真剣な顔で

父「実は、俺と…俺と、お前は血のつながりがないんだ」

俺「…うん、知っ…」

父「でもな! でも! 父さんは、いつだってお前を本当のムスコと思ってきた!」

俺「いや、うん。だから、知っ…」

父「お前は、俺のムスコだぁぁぁぁ!」

父、涙目。

母、号泣。

俺、呆然。

父「うん、わかるよ、いきなりこんな事言われたら… 混乱するよな… 黙ってて悪かった。うん。父さんが悪かっ…」

俺「知ってるよね?俺」

父「うん、そうだよな……… あ?」

俺「いや、だから俺。それ知ってるよ」

父「え?」

俺「え?」

嘘みたいだけど、本当の会話。リアルで 「え?」を言い合うとは思ってもみなかったw

オヤジは、母親と結婚する前うちの隣に住んでた。

3才くらいの時、母親に

「たーちゃん(オヤジ)が、パパになったらあっくん(俺)はどう?」

と聞かれたのを覚えてる。

俺は、確か「すごく嬉しい」みたいな事を言ったはず。

それを母親に言ったら、

「だって… あっくん小さかったし。絶対覚えてないと思って…」

と泣かれた。

オヤジは、そっか。知ってたか。

知ってて一緒にいてくれたのか。と泣いた。

危うく俺も泣きそうになったw

温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~
2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏に...
道路にできた虹 ~ 泣いてる女の子か。苦手なパターンだ ~
中学生の女の子が泣きながら道を歩いていました。誰もが「どうしたのだろう?」と心配してしまうそのシーンで、若い二人の男性の...
ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~
その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛...
天邪鬼な彼女 ~関係をせまると、あなたは紳士じゃないといわれる~
「右」と言えば左と答え、「白」かと問えば黒と答える、そんな天邪鬼な彼女。彼女の機嫌を損ねないのは大変なことだけれど、それ...
ファミコンよりも大事なもの ~泣いたね、、。初めて言ったよ~
少年はファミコンが欲しくて堪りませんでしたが、お家は母子家庭で貧乏でした。自力でなんとかしようと新聞配達でお金を貯めまし...