結婚式で姪がくれた言葉 ~大学入試の時、入学金の事親に言えないでいたら~

輸血用静脈針を刺された腕

子連れ同士のカップルが結婚。当然そこには、血の繋がる者と繋がらない者が入り混じった家族が生まれました。しかしこの家族にとっては、血の繋がりなどに大した意味はなかったようです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

腹違いの兄貴が居る。

俺小学5年、兄貴大学生の時に子連れ同士の再婚。

一回り近く年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないまま。

大学入試の時、入学金の事親に言えないでいたら、兄貴が知らない内に払っていた。

俺「気を遣わないでよ。いざとなれば働けば…」

兄貴「馬鹿野郎。俺はお前の兄ちゃんだ。」

後でちょっと泣いた。

姪っ子が大怪我した時、限界まで輸血した。

兄貴「もういい止めろ。死んでしまう」

俺「うるさい。俺は○子の叔父さんだ」

義姉共々泣かした。

お返しだ。ザマミロ。

姪っ子の結婚式の時、

「私にはお父さんとお母さんと、叔父さんの血が流れています」

って言われて図らずも号泣。

兄貴夫婦以上に号泣。大恥かいた。

○子綺麗だったなあ…。

迷惑かけてゴメンね ~一年前の今頃、妹が突然電話をかけてきた~
普段あまり交流のない妹から突然の電話。病院で検査をしたら家族を呼べと言われたらしいのです。妹さんは両親に心配をかけたくな...
痰助と名付けた猫 ~湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた~
その猫と彼の出会いは湖の駐車場。帰りの車内で喉に痰を詰まらせる猫の様子を見て彼は「痰が詰まってるから痰助」と名付けました...
二人目のお母さん ~「今日からこの人がお前のお母さんだ」~
ある日、父親が新しいお母さんを連れてきました。その数年後、父親は交通事故で帰らぬ人となりました。残された彼と継母の、その...
十二歳違いの娘 ~ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな~
当時25歳だった彼の結婚相手には13歳の連れ子がいました。数年が過ぎて娘が17歳になった時、奥さんが突然の交通事故で帰ら...
継母がくれたもの ~あの子なら、命かけてでも守れる自信がある~
小学2年の頃、父の後妻となった継母。継母との関係は嫌いではないけれどなんだかギクシャク。でも、その継母がくれたものはあま...