自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~

並んで座る幼い兄弟の後姿

その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているのでしょう。しかし少年はそれでも願わずにいられないのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

半年ちょい前の俺へ

そっちは午前4時だな。
部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ
今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

音をたてないようにしろ、気づかれるから。
まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。
そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き
ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。
そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。
発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。
前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ
いなくなるんだ

あと兄貴に言ってやれ。
「さんざんアンタをバカにしてきたが、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

頼む。頼むよ。
頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。
頼むよ。お願いします

「おやすみ。また明日な。」
って言ってたじゃねえか
バカ兄貴。

結婚記念日の残業 ~「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」~
入社4年目で初めての結婚記念日に、運悪く社内でトラブルが発生。「下手したら全員が会社に泊まり込みに…」という状況の中で「...
空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~
クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱っ...
55年越しのゴールイン ~マラソンの発展のために50年間尽くしてきた~
日本の「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)さん。1912年(明治45年)にストックホルムオリンピックに...
短い人情話3編:本当の高級店/100円分の優しさ/ドアの裏の落書き
このページには、短いけれど心温まる人情エピソードを3編ご紹介しています。一編は高級和食店での出来事。もう一編はゲームセン...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...