自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~

並んで座る幼い兄弟の後姿

その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているのでしょう。しかし少年はそれでも願わずにいられないのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

半年ちょい前の俺へ

そっちは午前4時だな。
部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ
今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

音をたてないようにしろ、気づかれるから。
まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。
そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き
ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。
そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。
発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。
前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ
いなくなるんだ

あと兄貴に言ってやれ。
「さんざんアンタをバカにしてきたが、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

頼む。頼むよ。
頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。
頼むよ。お願いします

「おやすみ。また明日な。」
って言ってたじゃねえか
バカ兄貴。

ずうずうしい猫 ~6kgの巨体でホットカーペットを占領する…~
「ずうずうしい猫」を題材にした2ちゃんねるの書き込みです。感動するというより「笑える」という感じの書き込みなんですが、な...
ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~
その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛...
トムの桜 ~猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった~
小学校の友人が、子猫をいじめていました。ポリバケツの中に入れられて体の半分以上が水に浸かっているその子猫は今にも死にそう...
継母がくれたもの ~あの子なら、命かけてでも守れる自信がある~
小学2年の頃、父の後妻となった継母。継母との関係は嫌いではないけれどなんだかギクシャク。でも、その継母がくれたものはあま...
黄ナンバーのモンキー ~明け方、夢を見た。妻の夢だった。~
携帯もパソコンも苦手なそのおじさんは、15の頃からバイク好き。けれど、15年前の夏に奥さんを亡くしてからは子育てのために...