祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~

病院のベッドに寝ているお爺ちゃんんと看護するお婆ちゃん

そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やがてお爺ちゃんが亡くなり一周忌が過ぎた頃、一通の手紙が…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があとわずかである ことを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。

「元気になって、またみんなで楽しく暮らそうね」

祖父を見舞った際の合い言葉のようでもあった。

祖父の1周忌が過ぎた頃、父が祖母に1通の手紙を手渡した。 祖母の心の落ち着きを待ってのことだった。

衰弱し、震える手で書かれた文字は書道で師範格であった祖父が書いたとは 思えない程弱々しかったが、文面から感じられる優しさ、慈しみが祖父のそれであった。

「おばあちゃん元気  ともに過ごした時間は永いようで短い50年でしたね  また機会があればいっしょに暮らしたいものです」

祖父が書いた最初で最後のラブレターである。

お母さんの勲章 ~小学校の給食費を払えない月もありましたね~
暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。以来、母は昼夜を問わず働きました。そしてどん底の生活に...
二人目のお母さん ~「今日からこの人がお前のお母さんだ」~
ある日、父親が新しいお母さんを連れてきました。その数年後、父親は交通事故で帰らぬ人となりました。残された彼と継母の、その...
シワシワの手 ~おばあちゃんは汚い服ばっかり着てる。~
「祖母、母、自分」の3人暮らしで育った彼に大学受験の時期がやってきました。が、志望大学に落ちてしまいます。彼の家は経済的...
少年からのカード ~一人、服装が不潔でだらしなく、…~
その先生にはどうしても好きになれない生徒がいました。理由は服装が不潔でだらしがないからです。けれどある時、先生は知るので...
ドロップアウトした医者 ~包茎手術から植毛、美容外科まで~
3歳の娘さんを案じながら奥さんは亡くなりました。旦那さんは医師の仕事を続けるため奥さんの実家に娘をあずけました。表向きは...