バス停の恩人 ~うちの子お喋りが出来ないんだ。だから答えれなくてごめんね~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

バス停でバスを待つお母さんと幼い娘

お父さんには悩みがありました。それは、もうすぐ三歳になる息子が上手く言葉をしゃべれないことです。ある日お父さんは、その悩みをいつもバス停で会うよその子のママさんに告白したのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

※管理人より 下記の文中に出てくる「二語文」という言葉は名詞+動詞などの二つの単語からなる簡単な文章のことです(例:「ママ好き」など)。子供がいらっしゃらない方には馴染みのない言葉だと思いますので、一応参考までに。〕

子供が3歳目の前にしているのに二語文はない。

専門医に色んな検査をしてもらい、今のところ病名をつけるようなものではないと診察された。でも不安で不安で仕方なかった。

いつもバス停で一緒になるお友達のお母さんが喋りかけてくれてた。

その時勇気を持って告白。

「うちの子お喋りが出来ないんだ。だから答えれなくてごめんね。」って。

そしたらそのお母さんが笑いながら

「大丈夫大丈夫。いつか喋れるよ。ね~、言ってる事は分かってるもんね~。」

と子供をあやしてくれた。

その告白以来、そのお母さんは息子に「バイバイ」と声をかけタッチをしてくれるようになった。

いつもよりも言葉をかけてくれるようになった。

今日はバス停まで手を繋いで行ってくれた。

その後子供と二人でお散歩に出かけた。

子供が「あっち、いく」と手を引っ張ってくれた。

初めての二語文に嬉しくて思わず泣いちゃった。

ありがとう、ありがとう。

笑顔でいつも接してくれて本当に感謝してます。

子供と向き合って必死になってる私を追い詰めず、

いつも笑顔で大丈夫といってくれたあなたのおかげです。

子供だけじゃなく、私自身がいつも救われていました。

あなたのように、

大きな笑顔で他の誰かの役に立てるように頑張ります。

常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~
彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことな...
妖精の衣装 ~俺には妹がいるんだが、これが何と10も年が離れてる~
女の子が保育園のお遊戯会の妖精役から外されて泣いています。ここのお家は「母子家庭だから衣装を用意できないだろう」というの...
月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~
彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬...
年上だった彼女 ~指輪を彼女の指につけてもいいか?と聞きました~
彼には「結婚相手」と信じて疑わない彼女がいました。ある日のこと、仕事がひと段落ついて食事に行こうとしたその時に電話がなり...
祖父の誓い ~近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた~
彼の祖父は癌によって亡くなりましたが、生前、痛みを和らげる治療を含む一切の治療を拒否していました。苦しみながらも頑なに治...