見映えの悪いお弁当 ~今日の弁当美味しかった? としつこく尋ねて~

手作り弁当の画像

お母さんが作るお弁当は、なぜかとても見映えが悪く友達に見られるのが恥ずかしいと思っていました。時が過ぎたある日、ふとした偶然からお弁当の見映えの理由を知るのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、

母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。

友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。

ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。

私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。

すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、とても食べられなかった。

家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。

私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので

「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。

母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。

それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。

中を見ると弁当のことばかり書いていた。

「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」

日記はあの日で終わっていた。

後悔で涙がこぼれた。

ロッキーは俺のヒーロー ~ロッキーが来るのはありえないと思ってた~
少年はお母さんの実家の近所の大きな川で遊んでいたのですが、コケに足を滑らせて川に転落。死を覚悟したそのとき現れた救いの主...
アルコールのニオイがする日記 ~もう怖くない・・・愛してます~
幼馴染の彼女は病気と戦っていました。彼女の入院費を稼ぐために働く両親の代わりに、彼は必死で彼女を支え、彼女の孤独な病院生...
小さなママ ~娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている~
奥さんが他界して1年。幼い姉弟を抱える彼の家庭はまだそのショックから立ち直ってはいませんでした。そんな矢先、息子の幼稚園...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...
さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~
ある男性が結婚まで考えていた彼女に振られました。他に好きな男が出来たということでした。それから半年… 失恋のショックから...