見映えの悪いお弁当 ~今日の弁当美味しかった? としつこく尋ねて~

手作り弁当の画像

お母さんが作るお弁当は、なぜかとても見映えが悪く友達に見られるのが恥ずかしいと思っていました。時が過ぎたある日、ふとした偶然からお弁当の見映えの理由を知るのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、

母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。

友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。

ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。

私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。

すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、とても食べられなかった。

家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。

私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので

「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。

母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。

それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。

中を見ると弁当のことばかり書いていた。

「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」

日記はあの日で終わっていた。

後悔で涙がこぼれた。

育ての兄 ~「お前、ウチに住め。中学もこっちに通え」~
彼が中学生の時に交通事故でご両親が他界。頼る者もなくパニック状態の彼を救ったのは、ほとんど顔を合わせないお兄さんでした。...
神様への手紙 ~4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきた~
4歳になる娘さんが、お母さんに「字を教えて欲しい」と頼みました。お母さんはどうせすぐ飽きるだろうと思っていたのですが、娘...
笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~
娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ち...
ばあばとの約束 ~妻よ、きみと俺の愛する娘は今日4歳になったよ~
彼の奥さんが他界してから7ヶ月後、娘さんは4歳の誕生日を迎えました。その日、親子は奥さんの墓参りへ行ったのですが、娘は墓...
母のデジカメ ~なんか機械音痴の母がデジカメを買った~
お母さんがデジカメを買いました。そのうちにメモリがいっぱいになって写真を撮れなくなりました。「どうすれば良いか」と尋ねる...