義父が勇者になった日 ~コタツで肩までもぐってウトウトしてたら~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

コタツの画像

彼がコタツでウトウトしていると、義父が義母にとんでもないことを言い始めます。どうやら彼が居ることに気付かず二人っきりだと思っていた様子。その後、彼は自分の妻に義父と同じ台詞を…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2ちゃんねるに、『普段は言えない妻への「愛してる」の言葉を、勇気を出して言ってみよう』という趣旨のスレッドがあります。下記のお話はそのスレッドへの書き込みですのでそのつもりでお読みください。

同居の義父(71)がさっき勇者になった。

晩飯の後、俺が居間のコタツで肩までもぐってウトウトしてたらいないものと思われたらしい。

居間のすぐ横の台所で茶飲んでた義父と義母(70)

何か話してるのを夢うつつで何となく聞いてたら

義父「あー母さん」

義母「はいはい」

義父「あ、あー、愛してますよ、いつもありがとう」

義母「(沈黙)」

義父「あ、あー、あー、まあねえ、ふふふ(照れ隠しかw)」

俺このへんでしっかり目が覚めてたんだけど動くに動けず

コタツあちぃwwww

義母「お父さん」

義父「は、はいっ」←いつも昔ながらの亭主関白なんだがw

義母「私より先に死なないで下さいよう。一秒でも一人にしないで下さいねぇ」

…義母にやられたぜ。

義父はうーとかあーとか言ってたけど、最後に

「しないしない。馬鹿、するわけないだろう、滅多な事言うな、馬鹿、だからおまえは馬鹿なんだよ」

って勢いよく言ってた。最後涙声だった。

義父に何があったのか知りたいがw

俺も嫁に言ってくるわ。10年くらい言ってない。

コタツから出るタイミング逃して、ちと脱水症状だがな。

———————————————————————————

上記の書き込みの後に、

「お義父さんは、きっとこのスレッドを読んでいたに違いない。お義父さんがこれだけ頑張ったんだから、次はムコ殿の番だ」という書き込み(多少読みやすく改変してます)がありました。それをムコ殿は実行に移します。以下はその顛末です。

———————————————————————————

ムコですw

言って来た。

心臓破れるかと思った。お義父さん、よく心臓発作起こさなかったなw

嫁が残業で帰宅が21時過ぎだった。

んで飯食うの付き合って(俺は茶だけ)、嫁が風呂入って、夫婦の部屋でまったりしてた。

嫁が鏡台で肌の手入れしてる時に、後ろから言ってみましたよと。

スペック

俺34

嫁33

俺「あの」

嫁「なにー」

俺「あのー」

心臓ばくばくして中々言えないw「あのー」とか繰り返して俺馬鹿w

俺「あ、あい、愛してますよ」

嫁、反応なし。

こんなもんか…と思ってたら、鏡の中の嫁、難しい顔してんのな。

何かやばかったか…と思ったら、いきなり嫁がぼろぼろ泣いてんのな。

嫁「何だよー。いきなり言うなよーうわーん!」

俺「ごめんごめん!!!!」

焦って謝る俺何www

嫁「私だって愛してんだよー。もっと言え馬鹿ー」

おまえだって言わねーだろが。

で、泣き声に驚いた義両親が突撃してきたんだわ。

何があったんだって言われたんで、

俺「お義父さんを見習ったら泣かれまして」

義父、一瞬ポカーン→真っ赤

義父「き、き、聞いいいてたのか!」

俺「スミマセンスミマセン!!」

本気で謝る俺何w

義母笑ってるしw

グダグダになって、今まで四人でコタツで酒飲んでました。

嫁大好き。義両親も大好き。

このスレあって良かった。週末は諦め気味だった子作り頑張るぜw

お前らありがとな。

親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~
「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言った...
ファミレスの訳あり親子 ~「ご飯ちゃんと食べてるかwww?」~
とあるファミレスで一人の男性が食事をしていると、前のテーブルで中年男性と女子高生が会話をしていました。男性がその二人の会...
お母さんの勲章 ~小学校の給食費を払えない月もありましたね~
暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。以来、母は昼夜を問わず働きました。そしてどん底の生活に...
天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~
幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...