ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~

向日葵のブーケを持ち、笑顔で新郎に寄り添う新婦

お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮名で書かれたその手紙には、娘への愛が詰まっていました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私が幼稚園のときに亡くなったお母さん。

当時ひらがなを覚えたての私が読めるように、

ひらがなオンリーの手紙を遺してくれた。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

みいちゃんが

おかあさんのおなかにやってきてくれたあのひからずっと

おかあさんは せかいでいちばんのしあわせを

みいちゃんからもらっています。

おかあさんのだいすきなだいすきな だいじなだいじな みいちゃん。

こんどはみいちゃんが せかいでいちばんしあわせになってね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

お母さん、私、この秋に結婚するよ。

世界で一番幸せになるよ。

おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...
子供の日の出来事 ~「ロクな大人の ロク って何さ?」~
子供の日に親戚一同が顔を揃えました。その席で、いつものように「二人目の子供を」という要求(説教)が始まりました。困った顔...
お兄ちゃんとドラクエ3 ~3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした~
彼女にはの3つ年上のお兄さんがいました。とても優しいお兄さんで、小さい頃にはドラクエ3を一緒にやった思い出があります。で...
エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...
結婚記念日の残業 ~「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」~
入社4年目で初めての結婚記念日に、運悪く社内でトラブルが発生。「下手したら全員が会社に泊まり込みに…」という状況の中で「...