ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~

向日葵のブーケを持ち、笑顔で新郎に寄り添う新婦

お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮名で書かれたその手紙には、娘への愛が詰まっていました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私が幼稚園のときに亡くなったお母さん。

当時ひらがなを覚えたての私が読めるように、

ひらがなオンリーの手紙を遺してくれた。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

みいちゃんが

おかあさんのおなかにやってきてくれたあのひからずっと

おかあさんは せかいでいちばんのしあわせを

みいちゃんからもらっています。

おかあさんのだいすきなだいすきな だいじなだいじな みいちゃん。

こんどはみいちゃんが せかいでいちばんしあわせになってね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

お母さん、私、この秋に結婚するよ。

世界で一番幸せになるよ。

娘のアルバイト ~小2の娘がバイオリンを習いたいと言い出した~
小2の娘さんが「バイオリンを習いたい」と言い出しました。奥さんは習わせたい言いますが彼は反対し夫婦喧嘩に発展しますが、そ...
神様への手紙 ~4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきた~
4歳になる娘さんが、お母さんに「字を教えて欲しい」と頼みました。お母さんはどうせすぐ飽きるだろうと思っていたのですが、娘...
天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~
彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ...
ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~
その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛...
小学一年の聖人 ~「兄ちゃんなんかバカじゃないか」~
ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれ、その数年後に次男が誕生しました。小さい頃は弟が兄を蔑むような言動がありました。し...