ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~

向日葵のブーケを持ち、笑顔で新郎に寄り添う新婦

お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮名で書かれたその手紙には、娘への愛が詰まっていました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私が幼稚園のときに亡くなったお母さん。

当時ひらがなを覚えたての私が読めるように、

ひらがなオンリーの手紙を遺してくれた。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

みいちゃんが

おかあさんのおなかにやってきてくれたあのひからずっと

おかあさんは せかいでいちばんのしあわせを

みいちゃんからもらっています。

おかあさんのだいすきなだいすきな だいじなだいじな みいちゃん。

こんどはみいちゃんが せかいでいちばんしあわせになってね。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

お母さん、私、この秋に結婚するよ。

世界で一番幸せになるよ。

駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~
近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日...
見映えの悪いお弁当 ~今日の弁当美味しかった? としつこく尋ねて~
お母さんが作るお弁当は、なぜかとても見映えが悪く友達に見られるのが恥ずかしいと思っていました。時が過ぎたある日、ふとした...
お爺ちゃんを庇う犬 ~いい人じゃなくて、いい犬の話~
愛犬とお爺さんが山道を散歩していました。疲れたので途中のベンチに座って一休みしているとある事件が起きました。その時、愛犬...
チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~
表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいよう...
エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...