ミスドの親子 ~ゆーえんちいって、かんらんしゃ!おかーちゃんいっしょ!~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

ミスタードーナッツ店内の様子

ある日曜日、ミスタードーナッツに行くと、後ろの席に若いお父さんと3歳ぐらいの可愛い男の子の親子が座りました。肩越しに聞こえてきたその親子の会話は、なんだか切なかったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

日曜に、ミスド行った時の話。若いお父さんと3歳くらいの、目がくりくりした可愛い子が席についた。

お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話(ちょっとうろ覚え)

子「どーなつ、おいしいねぇ」

父「ん、おいしいね」

子「おかーちゃんにも、あげたいねぇ」

父「そだね」

子「おかーちゃん、いつおっき?」

父「んー、お母ちゃんはとっても疲れてるから。いつ起きるか分かんないな」

子「そっかあ」

子「○○(自分の名前)、ゆーえんち!」

父「ん?」

子「ゆーえんちいって、かんらんしゃ!おかーちゃんいっしょ!」

父「そだね。お母ちゃんと行きたいね、三人で。お母ちゃんがおっきしたら・・・」

子「おとーちゃん?だいじょうぶ?えーんえーん?」
父「大丈夫。えーんえーんしてないよ。お父ちゃんは大丈夫だから」

もう涙堪えるのに必死でした。

この親子になにがあったのかは推し量ることしかできませんが、

やさしいぼくちゃんと、まだ若いお父さんに幸あれ。

兄ちゃんはヒーロー ~真っ暗な夜、ずっと歌を歌って励ましてくれた~
借金から逃げるため両親が子供を置き去りにして行方をくらましました。残されたのは幼い兄弟。兄は必死で弟を守ろうとしました。...
投げられなかったブーケ ~「結婚は勝手にしろ。でも式には出ない」~
あるウエディングプランナーさんには忘れられない結婚式があります。その結婚式は新婦のお父さんに強烈に反対されている歳の差カ...
駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~
近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日...
魔法のポケット ~このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!~
彼の幼稚園の制服のポケットは魔法のポケット、叩くとなんでも欲しいものが出てきます… と、少なくとも彼自身はそう信じていま...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...