とうちゃんの卵焼き ~帰りの車中で「なんか食べに行こうか?」と尋ねると~

卵焼きのアップ画像

息子さんが通う保育園での遠足。しかし奥さんは出産のため入院中。お父さんは悪戦苦闘してお弁当を作ったのですが、あまり出来がよくありません。でも息子はちゃんと分かっているのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この前息子の通う保育園で遠足があった。

弁当持参だったのだが、嫁が出産のため入院していたので俺が作ることに。

飯炊くぐらいしかしたことないのに、弁当なんて無理!

嫁にアドバイス貰ったり、弁当の本を買い朝5時から弁当つくりをした。

案の定不細工な弁当が出来上がった。

申し訳ないと思いながらもそのまま持たせた。

夕方子供を迎えに行くと空になった弁当箱と手紙を渡された。

字は書けないはずなのに

「とうちゃんありがとう」

俺の似顔絵付きで。

先生が言うには、午後の外遊びの時間に

教室にこもって手紙をずっと書いていたんだと。

帰りの車中で「なんか食べに行こうか?」と尋ねると

「とうちゃんのたまご焼き食べたい!」と。

涙堪えるの必死だったよ。

引き出しの奥の連絡帳 ~学校に行けば、私も輪に入れるのかな…~
少年は病気の彼女をうらやましく思っていました。理由はすぐに学校を早退できるからです。でも、彼女の連絡帳を何気なく覘いたそ...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...
バラソフトのお兄ちゃん ~うちの娘、聴覚障害者で…~
「バラソフト」を買いに行く小3の女の子が、途中で「ばらソフトクリーム1個下さい」と書いた紙を落としてしまいます。実は女の...
親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...