天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~

飛行機の窓から見た雲海

彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人がポツリと言った一言は、とても深く切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。

ルフトハンザの国内線に乗りフランクフルト上空にいたとき、

隣に座っていたアメリカ人のじい様に話しかけられた。

仕事か旅行か、日本はいい国だ、とか世間話をしたとき、

「私は昔、ここの空を飛んだことがある」とじい様がポツリと言うので、

俺が、あなたは飛行機を操縦できるのかと聞いた。

実はじい様は、 戦争のとき爆撃機のクルーで、フランクフルトを爆撃しに来たことがあるそうな。

それを話したことでじい様は何を思い出したかしょんぼりして、

「平和は一番大事なことだ。日本人の君は、それがわかるだろう」

と言った。

俺はただうなずいたが、若いのもあって、消沈したじい様が隣に座ってるのがやだなあなんて思ってしまった。

そこでじい様、雲海を見ながら一言。

「きっと天国ではアメリカもイギリスも日本もドイツも、みんな仲良く飛んでいるよ」

今思い出すとほろっと来るエピソード。

じい様にはあの雲海の中に、たくさんの国の飛行機が仲良く飛んでいるのを想像したのでしょう。

俺はそれ以来「メンフィス・ベル」を観るといつも少し、泣きます。

最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~
詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。つ...
自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~
その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているの...
心が温かくなるすれ違い ~うん。わかるよ、いきなりこんな事言われたら…~
十分でない意思の疎通や勘違というものは、多くの場合、人間同士の信頼関係を壊す方向に作用します。しかし時にはそういった意思...
痰助と名付けた猫 ~湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた~
その猫と彼の出会いは湖の駐車場。帰りの車内で喉に痰を詰まらせる猫の様子を見て彼は「痰が詰まってるから痰助」と名付けました...
小さなママ ~娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている~
奥さんが他界して1年。幼い姉弟を抱える彼の家庭はまだそのショックから立ち直ってはいませんでした。そんな矢先、息子の幼稚園...