天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~

飛行機の窓から見た雲海

彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人がポツリと言った一言は、とても深く切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。

ルフトハンザの国内線に乗りフランクフルト上空にいたとき、

隣に座っていたアメリカ人のじい様に話しかけられた。

仕事か旅行か、日本はいい国だ、とか世間話をしたとき、

「私は昔、ここの空を飛んだことがある」とじい様がポツリと言うので、

俺が、あなたは飛行機を操縦できるのかと聞いた。

実はじい様は、 戦争のとき爆撃機のクルーで、フランクフルトを爆撃しに来たことがあるそうな。

それを話したことでじい様は何を思い出したかしょんぼりして、

「平和は一番大事なことだ。日本人の君は、それがわかるだろう」

と言った。

俺はただうなずいたが、若いのもあって、消沈したじい様が隣に座ってるのがやだなあなんて思ってしまった。

そこでじい様、雲海を見ながら一言。

「きっと天国ではアメリカもイギリスも日本もドイツも、みんな仲良く飛んでいるよ」

今思い出すとほろっと来るエピソード。

じい様にはあの雲海の中に、たくさんの国の飛行機が仲良く飛んでいるのを想像したのでしょう。

俺はそれ以来「メンフィス・ベル」を観るといつも少し、泣きます。

思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~
お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のG...
天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~
彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ...
子育てって難しい ~同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ~
「娘を育てるなんて簡単!」と強がるお父さんの本音や戸惑いがコミカルに語られている2ちゃんねるの書き込みです。大学受験と結...
娘のアルバイト ~小2の娘がバイオリンを習いたいと言い出した~
小2の娘さんが「バイオリンを習いたい」と言い出しました。奥さんは習わせたい言いますが彼は反対し夫婦喧嘩に発展しますが、そ...
野球ごめんね ~父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた~
彼が幼い頃に父親は他界しました。それ以来、母は女手ひとつで彼を育ててくれました。お金が無いので暮らしは決して楽ではありま...