天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~

飛行機の窓から見た雲海

彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人がポツリと言った一言は、とても深く切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。

ルフトハンザの国内線に乗りフランクフルト上空にいたとき、

隣に座っていたアメリカ人のじい様に話しかけられた。

仕事か旅行か、日本はいい国だ、とか世間話をしたとき、

「私は昔、ここの空を飛んだことがある」とじい様がポツリと言うので、

俺が、あなたは飛行機を操縦できるのかと聞いた。

実はじい様は、 戦争のとき爆撃機のクルーで、フランクフルトを爆撃しに来たことがあるそうな。

それを話したことでじい様は何を思い出したかしょんぼりして、

「平和は一番大事なことだ。日本人の君は、それがわかるだろう」

と言った。

俺はただうなずいたが、若いのもあって、消沈したじい様が隣に座ってるのがやだなあなんて思ってしまった。

そこでじい様、雲海を見ながら一言。

「きっと天国ではアメリカもイギリスも日本もドイツも、みんな仲良く飛んでいるよ」

今思い出すとほろっと来るエピソード。

じい様にはあの雲海の中に、たくさんの国の飛行機が仲良く飛んでいるのを想像したのでしょう。

俺はそれ以来「メンフィス・ベル」を観るといつも少し、泣きます。

月まで届くホームラン ~少年はその選手へファンレターをつづり~
アメリカのとある地方に野球が大好だけれども目が見えない少年がいました。手術を前に少年は一人の大リーグ選手へ気持ちを伝えま...
満席のバスと赤ん坊 ~私はどうしていいかわからず、多分皆も…~
ある男性が病院の帰り、いつものようにバスに乗りました。しばらくして満席となったバスの車内で、突然赤ちゃんが泣き出します。...
幼い娘の言葉 ~そうやって声を掛け合ってるわけよ~
彼は4年ほど前に、交通事故で4歳の息子と妻を失いました。そして残された当時1歳との娘との暮らしがはじまりました。最愛の家...
バス停の恩人 ~うちの子お喋りが出来ないんだ。だから答えれなくてごめんね~
お父さんには悩みがありました。それは、もうすぐ三歳になる息子が上手く言葉をしゃべれないことです。ある日お父さんは、その悩...
エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...