天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~

飛行機の窓から見た雲海

彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人がポツリと言った一言は、とても深く切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。

ルフトハンザの国内線に乗りフランクフルト上空にいたとき、

隣に座っていたアメリカ人のじい様に話しかけられた。

仕事か旅行か、日本はいい国だ、とか世間話をしたとき、

「私は昔、ここの空を飛んだことがある」とじい様がポツリと言うので、

俺が、あなたは飛行機を操縦できるのかと聞いた。

実はじい様は、 戦争のとき爆撃機のクルーで、フランクフルトを爆撃しに来たことがあるそうな。

それを話したことでじい様は何を思い出したかしょんぼりして、

「平和は一番大事なことだ。日本人の君は、それがわかるだろう」

と言った。

俺はただうなずいたが、若いのもあって、消沈したじい様が隣に座ってるのがやだなあなんて思ってしまった。

そこでじい様、雲海を見ながら一言。

「きっと天国ではアメリカもイギリスも日本もドイツも、みんな仲良く飛んでいるよ」

今思い出すとほろっと来るエピソード。

じい様にはあの雲海の中に、たくさんの国の飛行機が仲良く飛んでいるのを想像したのでしょう。

俺はそれ以来「メンフィス・ベル」を観るといつも少し、泣きます。

自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~
その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているの...
血だらけのその手 ~ごめんね。帰省させなきゃ良かったね。~
彼女は普段、あまり喜怒哀楽を表さない姑と「が通じ合っていない」と感じていました。けれど、突然に未曾有の大災害が襲ってきた...
天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~
幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余...
母のワガママ ~「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で…~
就職活動で大変だった大学三年のある日、お母さんから唐突に沖縄旅行に誘われたのですが、「今は大事な時期だから」と断ってしま...
魔法のポケット ~このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!~
彼の幼稚園の制服のポケットは魔法のポケット、叩くとなんでも欲しいものが出てきます… と、少なくとも彼自身はそう信じていま...