シワシワの手 ~おばあちゃんは汚い服ばっかり着てる。~

シワシワの手

「祖母、母、自分」の3人暮らしで育った彼に大学受験の時期がやってきました。が、志望大学に落ちてしまいます。彼の家は経済的に裕福ではありませんでしたのですぐに就職しなければならないのですが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

俺ん家は俺と母親、それとおはあちゃんの三人で暮らしてる。

親父は離婚していない。パチンコとかやって借金をつくる駄目な親父だった。

母子家庭ってやっぱ経済的に苦しくて、母さんは毎日働いてる。

おばあちゃんは汚い服ばっかり着てる。

俺は行きたい大学があるけど、金がかかるからそこだけ受けて駄目だったら就職しようと思ってた。

それで、俺大学落ちちゃったんだ。

「すぐに就職先を見つけなきゃいけないな」

って考えてたら、俺の部屋におばあちゃんがやってきた。

「〇〇、大学落ちちゃったんだってね」

と、おばあちゃん。

「うん、でもいいよ。俺、就職するからさ」

ってちょっぴり強がって俺は笑ってみせた。

そしたらおばあちゃん、いつから使ってるか分かんないような汚い手提げ袋から、札束を出してきたんだ。

「え…何このお金…」って俺が絶句してたら、

「〇〇、行きたい大学があるんじゃろ?だったら行きんさい。

お金のことなら心配せんでええ。まずこれで予備校行きんさい。

年寄りは金持ちやで。それに、ちょうどばあちゃんな、何かに使おうて思ってたんじゃ」

と、そう言ってシワシワの手で札束を俺に握らせた、最後、俺の部屋から出るとき「頑張りんさい」って言って出てった。

それから俺、母さんにおばあちゃんのこと聞いたら、

「おばあちゃんね、あんたが産まれてからずっと年金コツコツ貯めてたみたいだよ。私も知らんかった」って。

マジ泣いたよ。

なんで金あんのに汚い服ばっか着てる意味とか、さっき俺の部屋で喋ったこととか思い出して、本当に泣いた。

もう、本当に頑張るから。今は肩を揉むことぐらいしかできんけど、絶対に大学に合格するから。

それと、俺は今日で2ちゃんねる卒業だわ。長い間、本当にお世話になりました。勉強がんばります ノシ

ばあばとの約束 ~妻よ、きみと俺の愛する娘は今日4歳になったよ~
彼の奥さんが他界してから7ヶ月後、娘さんは4歳の誕生日を迎えました。その日、親子は奥さんの墓参りへ行ったのですが、娘は墓...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...
黄ナンバーのモンキー ~明け方、夢を見た。妻の夢だった。~
携帯もパソコンも苦手なそのおじさんは、15の頃からバイク好き。けれど、15年前の夏に奥さんを亡くしてからは子育てのために...
55年越しのゴールイン ~マラソンの発展のために50年間尽くしてきた~
日本の「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)さん。1912年(明治45年)にストックホルムオリンピックに...
笑う女子高生 ~「てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!」~
都内某所にお花見に行った時のこと。その日はやけに肌寒く、温かい飲み物を求めて最寄のスターバックスは長蛇の列。彼女もそこに...