バーバになるママへ ~ワンダフルライフっていう映画知ってますか~

孫を抱くお婆ちゃん

「自分が死んだ時に、天国に持っていける記憶をたった一つ選ぶなら」と母に質問すると「アンタが生まれた瞬間」と即答してくれました。娘は思いました、「あんなに心配かけたのに…」と。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

『ワンダフルライフ』っていう映画知ってますか?

自分が死んだ時に、たった一つ天国に持っていける記憶を選ぶ、っていう内容。

高校生の頃この映画を見て、何の気なしにママに聞いてみた。「どのシーンを持っていきたい?」

ママは即答えた。

「アンタが生まれた瞬間かな。」

うちは大して裕福でもなかったのに、私が男の子苦手だったからなんて理由だけで、

小学校から身分不相応な私立のお嬢さん学校に通わせて貰った。

なのにちっとも勉強しなくて、ママは何回も赤点取った私のせいで学校に呼ばれた。

受験もないくせに、授業についていく為に塾にも行かせて貰った。

そんなに余裕なかったはずなのに…。

でも当時の私は全然そんな事も考えないで過干渉だって反抗ばっかりしてフプチ家出。

たくさん怒らせ、泣かせた。

やっと専門まで出て、念願の幼稚園の先生になれた。

家にお金も入れられるようになった。

なのに無計画な妊娠…。しかも相手は4つも年下の学生の彼氏。おろしてって言われた。

産みたいけど、1人じゃ無理だよってママに言ったら、人殺しってひっぱたかれた後、

「私にまだ子宮があれば代わりに産んであげたのに…」って泣いた。

ママは子宮筋腫で子宮をとってしまっていた。

その後私の貯金と、今迄家に入れてたお金(ママが貯めててくれた)を合わせて、引っ越し、出産資金にした。

彼氏ははっきり言って自己中のDQNでまだまだ子どもだけど、なんとか説得したよ。

今はお腹の子どもに毎日話しかけてる。

24にもなって、これだけ大切に育てて貰ったのに、何一つお返し出来ず、いい年こいて最後の最後に心配や迷惑をかけたまま嫁に出た。

妊娠経過もよくなくて、度々お世話になってしまった。

みんな諦めた方がいいって言う中、あなただけが私の産みたい気持ちを尊重して、精一杯の事をしてくれた。私の幸せのために祈り、叱ってくれた。

こんな大人になってもだめな娘だけど、やっぱり天国には初めて会えた日の記憶を持って行ってくれるかな?

ママの孫は、今週か来週には生まれるよ。

あなたを超えるのは難しいけど、私も娘に、あなたが与えてくれた愛情を伝えて行きます。

いつもごめん。

ありがとう。

世界一尊敬してます。

もうすぐバーバになるママへ。

もうすぐママになる馬鹿娘より。

痰助と名付けた猫 ~湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた~
その猫と彼の出会いは湖の駐車場。帰りの車内で喉に痰を詰まらせる猫の様子を見て彼は「痰が詰まってるから痰助」と名付けました...
思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~
お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のG...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...
赤と水色のおもちゃの指輪 ~もう私頑張れないかも。もう、駄目~
中々子供に恵まれないその夫婦は、三度目の流産を告げられた後、病院の待合室で悲しみに暮れていました。その時です、「もう死に...
天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~
彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人...