残された幼い兄妹 ~「あのね、みーちゃんこれ食べたの」~

幼い兄妹

裏金融に勤めていた彼が借金の取立てに行きました。すると親が消え、幼い兄妹だけが残されていました。「何食ってたんだ?」と聞くと上の子は下をむいて泣き始めてしまったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

3年前の話。

当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。

いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど

子供が2人置いてかれてた。

5歳と3歳。上は男の子、下は女の子

俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく

家に行ったときすぐに下の子になつかれた。

ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、

「いつから親はいないんだ?」って聞いても答えない。

「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。

下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。

破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。

「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。

嫌な予感がした。

だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。

2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。

「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」

すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。

すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。

近くの銭湯で体を洗ってやった。

その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。

連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。

・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。

俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。

ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった

その子らの親は、気になって戻ってきたら子供がいなくなっててショックだったそうだ。

ただし、家のいたる所に連絡先を書いてきたからすぐにわかったらしい。

(もちろん施設のな。事務所だったらびびって逃げるから)

子供を迎えにいった時に、自分らのやった事の重大さに気が付いたそうだ。

俺はもう足抜けしてたし、気になってたからちょくちょく施設に見にいってたんだけど

親が改心して良かったよ。

結局、俺が事務所の仲介をやって職も一緒に探してやったんだ。

また金魚でも食わせたら内蔵うっぱらうからな!って脅してさ。

借金の返済はまだ残ってるだろうけど、両方ともすげー働いているだろうな。

継母がくれたもの ~あの子なら、命かけてでも守れる自信がある~
小学2年の頃、父の後妻となった継母。継母との関係は嫌いではないけれどなんだかギクシャク。でも、その継母がくれたものはあま...
親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...
ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~
彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなった...
ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~
祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しい...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...