小学一年の聖人 ~「兄ちゃんなんかバカじゃないか」~

教の天井に吊られた短冊

ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれ、その数年後に次男が誕生しました。小さい頃は弟が兄を蔑むような言動がありました。しかし、お母さんは焦らずに次男の心の成長を待ったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ある家庭に脳に障害のある男の子がうまれた。

そして数年後さらに次男誕生。

小さい頃弟は喧嘩のたびに「兄ちゃんなんかバカじゃないか」というのを聞いて母親は悲しんだ。

だが母はなにも言わずじっと待つことにした。

兄が小学1年生になった時、兄の同級生を招いて兄の誕生日の祝いをしたが、

兄は悲しいかな、急に招待した同級生を殴りはじめた。

そのとき弟が飛び出してきて、

「お兄ちゃん殴るんだったら僕を殴って、ぼくなら痛くないから!」

それをきいた母は心の中で、「ぼうやありがとう」と言った。

その弟が小学一年生に入学した時、隣の席は手に障害のある子だった。

体育の授業のある日は体操服に着替えねばならないので当然その隣の子は着替えに手間取って遅れてきた。

しかし二回目からは時間どうりに来たので先生は不思議に思い、体育の授業のある日そっと教室をのぞいてみた。

するとあの弟が一生懸命になってきがえをてつだっているのを見た。

先生はこのことをみんなに話そうかとも思ったがせっかく弟が自主的にやっていることなので黙っていた。

さて、七夕の前日授業参観日があった。

先生が児童の書いた短冊の願い事を読んでいた。

子供らしいおもちゃがほしいとかの中に、

「神様、どうか隣の子の腕を早く直してください」

と書いてあるのを見つけた。

そうあの弟の書いたもの。

先生はたまらなくなって皆の前でこの弟の着替えのことを話しだした。

自分の子が手に障害があるのでみんなに迷惑をかけているのではないかと、

廊下の隅で小さくなって授業を見守っていたある母が、教室に飛び込んできて弟の足元で号泣した。

「坊やありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう・・・」

オムライスとご飯 ~かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた~
彼の家は母子家庭でとても貧乏でした。貧乏であるがため高校に進学することすらできず、そのため学がありません。食事に行っても...
2回のベイル・アウト(緊急脱出) ~もう一回、同じ言葉を叫んでいた~
1999年。航空自衛隊入間基地所属のT33型ジェット練習機が入間川河川敷に墜落しました。マスコミが「税金の無駄使い」と報...
子育てって難しい ~同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ~
「娘を育てるなんて簡単!」と強がるお父さんの本音や戸惑いがコミカルに語られている2ちゃんねるの書き込みです。大学受験と結...
オレンジ色のチューリップ ~どれにしよっか、お母さん何が好きかなぁ?~
とある花屋さんに小学一年生ぐらいの女の子が花を買いにきました。けれどその日は母の日でもクリスマスでもありません。少女が花...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...