小学一年の聖人 ~「兄ちゃんなんかバカじゃないか」~

教の天井に吊られた短冊

ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれ、その数年後に次男が誕生しました。小さい頃は弟が兄を蔑むような言動がありました。しかし、お母さんは焦らずに次男の心の成長を待ったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ある家庭に脳に障害のある男の子がうまれた。

そして数年後さらに次男誕生。

小さい頃弟は喧嘩のたびに「兄ちゃんなんかバカじゃないか」というのを聞いて母親は悲しんだ。

だが母はなにも言わずじっと待つことにした。

兄が小学1年生になった時、兄の同級生を招いて兄の誕生日の祝いをしたが、

兄は悲しいかな、急に招待した同級生を殴りはじめた。

そのとき弟が飛び出してきて、

「お兄ちゃん殴るんだったら僕を殴って、ぼくなら痛くないから!」

それをきいた母は心の中で、「ぼうやありがとう」と言った。

その弟が小学一年生に入学した時、隣の席は手に障害のある子だった。

体育の授業のある日は体操服に着替えねばならないので当然その隣の子は着替えに手間取って遅れてきた。

しかし二回目からは時間どうりに来たので先生は不思議に思い、体育の授業のある日そっと教室をのぞいてみた。

するとあの弟が一生懸命になってきがえをてつだっているのを見た。

先生はこのことをみんなに話そうかとも思ったがせっかく弟が自主的にやっていることなので黙っていた。

さて、七夕の前日授業参観日があった。

先生が児童の書いた短冊の願い事を読んでいた。

子供らしいおもちゃがほしいとかの中に、

「神様、どうか隣の子の腕を早く直してください」

と書いてあるのを見つけた。

そうあの弟の書いたもの。

先生はたまらなくなって皆の前でこの弟の着替えのことを話しだした。

自分の子が手に障害があるのでみんなに迷惑をかけているのではないかと、

廊下の隅で小さくなって授業を見守っていたある母が、教室に飛び込んできて弟の足元で号泣した。

「坊やありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう・・・」

家内を亡くしました ~いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに~
妊娠中の奥さんは、タクシーに乗っている時に交通事故で亡くなりました。居眠り運転のトラックが原因でしたが運転手には同情すべ...
ファミレスの訳あり親子 ~「ご飯ちゃんと食べてるかwww?」~
とあるファミレスで一人の男性が食事をしていると、前のテーブルで中年男性と女子高生が会話をしていました。男性がその二人の会...
年上だった彼女 ~指輪を彼女の指につけてもいいか?と聞きました~
彼には「結婚相手」と信じて疑わない彼女がいました。ある日のこと、仕事がひと段落ついて食事に行こうとしたその時に電話がなり...
バス停の恩人 ~うちの子お喋りが出来ないんだ。だから答えれなくてごめんね~
お父さんには悩みがありました。それは、もうすぐ三歳になる息子が上手く言葉をしゃべれないことです。ある日お父さんは、その悩...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...