小学一年の聖人 ~「兄ちゃんなんかバカじゃないか」~

教の天井に吊られた短冊

ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれ、その数年後に次男が誕生しました。小さい頃は弟が兄を蔑むような言動がありました。しかし、お母さんは焦らずに次男の心の成長を待ったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ある家庭に脳に障害のある男の子がうまれた。

そして数年後さらに次男誕生。

小さい頃弟は喧嘩のたびに「兄ちゃんなんかバカじゃないか」というのを聞いて母親は悲しんだ。

だが母はなにも言わずじっと待つことにした。

兄が小学1年生になった時、兄の同級生を招いて兄の誕生日の祝いをしたが、

兄は悲しいかな、急に招待した同級生を殴りはじめた。

そのとき弟が飛び出してきて、

「お兄ちゃん殴るんだったら僕を殴って、ぼくなら痛くないから!」

それをきいた母は心の中で、「ぼうやありがとう」と言った。

その弟が小学一年生に入学した時、隣の席は手に障害のある子だった。

体育の授業のある日は体操服に着替えねばならないので当然その隣の子は着替えに手間取って遅れてきた。

しかし二回目からは時間どうりに来たので先生は不思議に思い、体育の授業のある日そっと教室をのぞいてみた。

するとあの弟が一生懸命になってきがえをてつだっているのを見た。

先生はこのことをみんなに話そうかとも思ったがせっかく弟が自主的にやっていることなので黙っていた。

さて、七夕の前日授業参観日があった。

先生が児童の書いた短冊の願い事を読んでいた。

子供らしいおもちゃがほしいとかの中に、

「神様、どうか隣の子の腕を早く直してください」

と書いてあるのを見つけた。

そうあの弟の書いたもの。

先生はたまらなくなって皆の前でこの弟の着替えのことを話しだした。

自分の子が手に障害があるのでみんなに迷惑をかけているのではないかと、

廊下の隅で小さくなって授業を見守っていたある母が、教室に飛び込んできて弟の足元で号泣した。

「坊やありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう・・・」

ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~
2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言...
お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~
保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆...
押入れの中のアサヒビール ~「 ビールは何を飲むんや?」~
無口でとっても怖い頑固な親父。そんなお父さんが、なぜか毎日孫の世話にやって来るようになりました。その行いの陰にはどんな気...
55年越しのゴールイン ~マラソンの発展のために50年間尽くしてきた~
日本の「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)さん。1912年(明治45年)にストックホルムオリンピックに...
笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~
娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ち...