家内を亡くしました ~いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに~

事故で中央分離帯に乗り上げたタクシー

妊娠中の奥さんは、タクシーに乗っている時に交通事故で亡くなりました。居眠り運転のトラックが原因でしたが運転手には同情すべき理由もあり、やり場のない悲しみだけが残りました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

家内を亡くしました。お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、

病院に向かう途中に居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。

警察から連絡が来たときはひどい冗談だと思いました。

いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに。

冷たくなった彼女と対面しても現実の事態として理解できませんでした。

帰宅して呆然としているところ、トラックを運転していた男性の父親と婚約者の訪問を受けました。

父親は土下座しながら、「自分と家内が死んでお詫びするから、息子には生きていく事を許してほしい」と。

警察から聞いたところによると、入院している母親の治療費を稼ぐため男性は無理な労働をしており、

それが居眠り運転をした原因のようでした。

同様に土下座している婚約者に目をやると、若くて綺麗な女性にもかかわらず荒れた手をしています。

本来ならとっくに結婚しているところ、運転手の母親の入院のために延期し、

彼女もまた入院費を捻出するために懸命に働いていると聞きました。

私は何て言葉をかければいいのか分かりませんでした。

罵ることができる相手だったらよかったのに。

家内の葬儀にはトラック運転手が警察官に伴われて参列しました。

彼には思い切り罵詈雑言をぶつけ、殴ってやろうと思いました。

一生憎むつもりでした。

しかし、震えながら土下座し私の顔を見ることのできない彼を見ると、

「彼もまたこれから苦しみを背負っていく人間なのだろう」

との思いがよぎりました。

「つまらない人間のために家内を亡くしたと思いたくない。

罪は罪として償ってもらうが、 その後はきちんと生きて欲しい」

私が彼にかけた言葉です。

正しかったかどうか分かりません。本当の私の本音かどうかもわかりません。

ただ、私には彼を憎むことができませんでした。

震える声で返事をする彼をみると私の気持ちは伝わったようです。

怒りをぶつけられる相手だったらよかったのに。彼そして彼の家族に会わなければよかった。

葬儀の後ようやく一人になれてウィスキーをなめていると3歳の長男が起きてきました。

私の横にすわりながら

「お母さん大好きだったんでしょ。いなくなって悲しいんでしょ。悲しいときは泣くんだよ」と。

私は息子の前でも家内を愛していることを口に出す父親でした。

好きな女と生きていける幸せをいつも伝えてました。

息子相手に、付き合った時どんなに楽しかったか、私の子供を生んでくれてどんなに嬉しかったか、

どれくらい幸せにしてくれたか、と家内の思い出をぽつぽつと語っているうちに涙がとまらなくなりました。

今思えば、この時になってようやく家内及びお腹の子の死を現実のものとして捉えることができました。

そう、悲しくて泣くことによって。凍結した感情が解凍したことによって。

情けない父親でごめんな。

交通刑務所にいるトラック運転手から時折手紙が届きます。

謝罪をつづった言葉ばかりですが、行間から彼もまた苦しんでいる様子が伺えます。

人の命を奪った自分が生きていってもいいのだろうか、と。

また、彼の婚約者から毎月手紙とともに金が送付されてます。

最初は受け取りを拒否しようと思いましたが、考えを変えて新しく作った口座に預金しています。

彼が出所したらファイルに綴じた彼の手紙とともに通帳を渡すつもりです。

そして「これらのものを背負いつつ、きちんと人生を歩んで欲しい」と伝えるつもりです。

私たち親子もまた大事な家族を失った事実を背負って生きていきます。

私は父親として、社会人として一生懸命な背中を息子に見せ、

息子の目に写る私は誰よりも強い男であるべく努めたいと思っております。

家内が安心できるように。二人で頑張っていきます。

だから時々泣くことは許して欲しい。誰にも分からないようにするから。

最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~
詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。つ...
温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~
2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏に...
トムの桜 ~猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった~
小学校の友人が、子猫をいじめていました。ポリバケツの中に入れられて体の半分以上が水に浸かっているその子猫は今にも死にそう...
エルトゥールル号の遭難 ~今もトルコの人達は忘れていません~
明治23年9月16日。台風が大島を襲い、波と風に煽られたトルコ船が樫野崎灯台付近で大破。遭難者を発見した灯台守は樫野の村...
しょっぱいお豆 ~事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり…~
誰かが交通事故を起こせば、不幸になるのは被害者とその家族だけではなく、事故を起こした加害者の家族も不幸になるのです。「誰...