切れたソリの紐 ~その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

子供を乗せたソリを引くお母さん

子供さんが足を骨折してしまいましたので、雪が積もったある日、幼稚園バスの乗り場までソリにのせて連れて行っていました。するとその時、ソリの紐が切れるというトラブルが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので

しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。

その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、

塀にこすったか、元々紐が弱っていたかで

ものの見事にぶっちんと切れてしまった。

子供+松葉杖+そりを自分一人で何とかするのはきついな…。

一旦そりをその場において行って、

子供と松葉杖だけ背負ってとりあずバス停まで…

とか考えていたら、全然知らないおばあちゃんが

「これ、これ使いなさい!」とそりを手に近づいてくる。

見れば上着も着ていない。

目の前の家のおばあちゃんで、

窓から見えた光景に慌てて飛んできてくれたらしい。

その気持ちがすごく嬉しく、

ことわるのも悪い気がしてありがたく使わせてもらいました。

朝早くだったのでどこも開いてなく、

せめてと思いコンビニで和菓子を買ってそりを返しに行くと、

おじいさんが置かせて貰ってた私のそりの紐を

新しいのに替えてくれていて

親戚が誰もいない街で孤独に子供を育てていた自分には

すごく嬉しく、有難たい出来事でした。

親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~
「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言った...
祖父の誓い ~近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた~
彼の祖父は癌によって亡くなりましたが、生前、痛みを和らげる治療を含む一切の治療を拒否していました。苦しみながらも頑なに治...
小さなママ ~娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている~
奥さんが他界して1年。幼い姉弟を抱える彼の家庭はまだそのショックから立ち直ってはいませんでした。そんな矢先、息子の幼稚園...
とうちゃんの卵焼き ~帰りの車中で「なんか食べに行こうか?」と尋ねると~
息子さんが通う保育園での遠足。しかし奥さんは出産のため入院中。お父さんは悪戦苦闘してお弁当を作ったのですが、あまり出来が...
短い人情話3編:本当の高級店/100円分の優しさ/ドアの裏の落書き
このページには、短いけれど心温まる人情エピソードを3編ご紹介しています。一編は高級和食店での出来事。もう一編はゲームセン...