切れたソリの紐 ~その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら~

子供を乗せたソリを引くお母さん

子供さんが足を骨折してしまいましたので、雪が積もったある日、幼稚園バスの乗り場までソリにのせて連れて行っていました。するとその時、ソリの紐が切れるというトラブルが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので

しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。

その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、

塀にこすったか、元々紐が弱っていたかで

ものの見事にぶっちんと切れてしまった。

子供+松葉杖+そりを自分一人で何とかするのはきついな…。

一旦そりをその場において行って、

子供と松葉杖だけ背負ってとりあずバス停まで…

とか考えていたら、全然知らないおばあちゃんが

「これ、これ使いなさい!」とそりを手に近づいてくる。

見れば上着も着ていない。

目の前の家のおばあちゃんで、

窓から見えた光景に慌てて飛んできてくれたらしい。

その気持ちがすごく嬉しく、

ことわるのも悪い気がしてありがたく使わせてもらいました。

朝早くだったのでどこも開いてなく、

せめてと思いコンビニで和菓子を買ってそりを返しに行くと、

おじいさんが置かせて貰ってた私のそりの紐を

新しいのに替えてくれていて

親戚が誰もいない街で孤独に子供を育てていた自分には

すごく嬉しく、有難たい出来事でした。

(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ! ~たのむから神様何とかして下さい~
彼女の旦那さんはとても優しい人でした。いつでも、どんな時でも自分のことは後回しにして彼女を思いやる人でした。そう… 最後...
汚い猫 ~汚い猫を見つけたので虐待することにした~
ある日見つけた汚い猫。彼はその猫を虐待するために家に連れて帰ることにします。帰ってからはお湯攻めにしたり熱風攻めにしたり...
ずうずうしい猫 ~6kgの巨体でホットカーペットを占領する…~
「ずうずうしい猫」を題材にした2ちゃんねるの書き込みです。感動するというより「笑える」という感じの書き込みなんですが、な...
引き出しの奥の連絡帳 ~学校に行けば、私も輪に入れるのかな…~
少年は病気の彼女をうらやましく思っていました。理由はすぐに学校を早退できるからです。でも、彼女の連絡帳を何気なく覘いたそ...
思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~
お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のG...