切れたソリの紐 ~その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら~

子供を乗せたソリを引くお母さん

子供さんが足を骨折してしまいましたので、雪が積もったある日、幼稚園バスの乗り場までソリにのせて連れて行っていました。するとその時、ソリの紐が切れるというトラブルが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので

しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。

その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、

塀にこすったか、元々紐が弱っていたかで

ものの見事にぶっちんと切れてしまった。

子供+松葉杖+そりを自分一人で何とかするのはきついな…。

一旦そりをその場において行って、

子供と松葉杖だけ背負ってとりあずバス停まで…

とか考えていたら、全然知らないおばあちゃんが

「これ、これ使いなさい!」とそりを手に近づいてくる。

見れば上着も着ていない。

目の前の家のおばあちゃんで、

窓から見えた光景に慌てて飛んできてくれたらしい。

その気持ちがすごく嬉しく、

ことわるのも悪い気がしてありがたく使わせてもらいました。

朝早くだったのでどこも開いてなく、

せめてと思いコンビニで和菓子を買ってそりを返しに行くと、

おじいさんが置かせて貰ってた私のそりの紐を

新しいのに替えてくれていて

親戚が誰もいない街で孤独に子供を育てていた自分には

すごく嬉しく、有難たい出来事でした。

思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~
お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のG...
ミスドの親子 ~ゆーえんちいって、かんらんしゃ!おかーちゃんいっしょ!~
ある日曜日、ミスタードーナッツに行くと、後ろの席に若いお父さんと3歳ぐらいの可愛い男の子の親子が座りました。肩越しに聞こ...
空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~
クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱っ...
バラソフトのお兄ちゃん ~うちの娘、聴覚障害者で…~
「バラソフト」を買いに行く小3の女の子が、途中で「ばらソフトクリーム1個下さい」と書いた紙を落としてしまいます。実は女の...
親父に貰った金ピカの時計 ~あてになんねーだろ人のゆうことなんざ~
「金に困ったら売れ!」と、お父さんから貰った時計は偽物でした。しかしそれは、経営者として生きてきたお父さん流の教育でした...