切れたソリの紐 ~その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら~

子供を乗せたソリを引くお母さん

子供さんが足を骨折してしまいましたので、雪が積もったある日、幼稚園バスの乗り場までソリにのせて連れて行っていました。するとその時、ソリの紐が切れるというトラブルが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので

しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。

その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、

塀にこすったか、元々紐が弱っていたかで

ものの見事にぶっちんと切れてしまった。

子供+松葉杖+そりを自分一人で何とかするのはきついな…。

一旦そりをその場において行って、

子供と松葉杖だけ背負ってとりあずバス停まで…

とか考えていたら、全然知らないおばあちゃんが

「これ、これ使いなさい!」とそりを手に近づいてくる。

見れば上着も着ていない。

目の前の家のおばあちゃんで、

窓から見えた光景に慌てて飛んできてくれたらしい。

その気持ちがすごく嬉しく、

ことわるのも悪い気がしてありがたく使わせてもらいました。

朝早くだったのでどこも開いてなく、

せめてと思いコンビニで和菓子を買ってそりを返しに行くと、

おじいさんが置かせて貰ってた私のそりの紐を

新しいのに替えてくれていて

親戚が誰もいない街で孤独に子供を育てていた自分には

すごく嬉しく、有難たい出来事でした。

オレンジ色のチューリップ ~どれにしよっか、お母さん何が好きかなぁ?~
とある花屋さんに小学一年生ぐらいの女の子が花を買いにきました。けれどその日は母の日でもクリスマスでもありません。少女が花...
育ての兄 ~「お前、ウチに住め。中学もこっちに通え」~
彼が中学生の時に交通事故でご両親が他界。頼る者もなくパニック状態の彼を救ったのは、ほとんど顔を合わせないお兄さんでした。...
妖精の衣装 ~俺には妹がいるんだが、これが何と10も年が離れてる~
女の子が保育園のお遊戯会の妖精役から外されて泣いています。ここのお家は「母子家庭だから衣装を用意できないだろう」というの...
お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~
保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆...
ディズニーランドの星 ~「あの‥‥落とし物をしてしまって」~
ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、ディズニーキャラのサイン帳を落とした男性がやってきました。対応したキャス...