子供の日の出来事 ~「ロクな大人の ロク って何さ?」~

こいのぼりの人形

子供の日に親戚一同が顔を揃えました。その席で、いつものように「二人目の子供を」という要求(説教)が始まりました。困った顔をして話を聞くご夫婦の脇から小5の息子が口を挟みます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この前の、子供の日。

夫の親・兄弟・親戚、一同が集まった席でいつものように始まった大合唱。

「一人っ子はかわいそう」

「ロクな大人にならん」

「今からでも第二子は遅くない」

「今なら高度医療でなんとかなるやろ?」

困った顔をして薄笑いを浮かべて

テキトーに生返事をしてやり過ごすしか私達夫婦には方法がなくてね。

うっかり事情が知れたら、もっと傷つけられる。

ああ、仕方が無い人達だ、我慢しよう、嵐が過ぎるまで・・・そう思って。

今年小5の息子が、その時鋭い口調で言い出した。

「ロクな大人の ロク って何さ?」

「嫌そうに聞いてある人間に嫌な言葉を言い続けるのが ロク なんか?」

「ここにいるみんな、おれ以外はみんなキョウダイがいるロクな大人やろうもん」

「ロクな大人の ロク がこういうことなら、おれはロクな大人にならんでよか!」

「ああ、よかったったい。おれはロクな大人になれん一人っ子で」

「ちぃーともかわいそうなこと、なかやっか。一人っ子ばんざい!」

一同が静まり返ってきまり悪そうに視線をアチコチに泳がせ始めた時

「母さん、おれを産んでくれてありがとう。

 一人だけでも俺を産んでくれてありがとうな。」

照れくさそうに言って、ちまきを2~3個引っ掴んで、

「△△のうちに遊びに行ってくるったい。いってきまーす!」

飛び出していったよ。

「今日と明日は、おれが家事やるけん。母さんはゆっくりしときー。

 母の日やけん。お金かからんいい孝行やろもん。おれってあったまいー。」

今、息子は昼ごはんにとホットケーキを焼いているようです。

でもね、母の日のプレゼントは先週にもう貰ったと、私は思っているんだ。

えへへ、親馬鹿だけど、いい息子に育ってくれてうれしくて。

誰かに聞いてもらいたかったんだ。

家内を亡くしました ~いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに~
妊娠中の奥さんは、タクシーに乗っている時に交通事故で亡くなりました。居眠り運転のトラックが原因でしたが運転手には同情すべ...
駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~
近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日...
命賭けのアナウンス ~「津波が襲来しています! 高台へ避難して…」~
東日本大震災発生の際、命を賭けて避難を呼びかけた危機管理課の職員の方々がおられました。震災後に判明したその尊い行いと、実...
バス停の恩人 ~うちの子お喋りが出来ないんだ。だから答えれなくてごめんね~
お父さんには悩みがありました。それは、もうすぐ三歳になる息子が上手く言葉をしゃべれないことです。ある日お父さんは、その悩...
笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~
娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ち...