赤と水色のおもちゃの指輪 ~もう私頑張れないかも。もう、駄目~

赤と水色のおもちゃの指輪

中々子供に恵まれないその夫婦は、三度目の流産を告げられた後、病院の待合室で悲しみに暮れていました。その時です、「もう死にたい」と泣く奥さんに、ひとりの少年が近づいてきました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「もう死にたい・・・。もうやだよ・・・。つらいよ・・・。」

妻は産婦人科の待合室で人目もはばからず泣いていた。

前回の流産のとき、私の妹が妻に言った言葉・・・

「中絶経験があったりすると、流産しやすい体質になっちゃうんだって。」

そのあまりにも人を思いやらない言葉に私は激怒し、

それ以来 妹夫婦とは疎遠になっている。

妻は口には出していないが、もの凄く辛い思いをしていたと思う。

だから、今日までなんとか2人で頑張ってきたが、3度目の流産。

前回も前々回の時も「また、頑張ろう」と励ましてきたが

励ます言葉が妻にプレッシャーをかけるような気がして、何もいえなかった。

いや、そうではない。今考えるとおそらく、3度目の流産を告げられて

子供がいない人生を私は模索し始めていたんだと思う。

私は、冷淡な動物だ。情けない。

「ごめんね・・・。でも、もう私頑張れないかも。もう、駄目だと思う。」

待合室に妻の嗚咽だけが響く。

「ううん・・・○○(妻の名前)が悪いわけじゃないんだから。

こればかりは、運だから・・・・。」

それ以上、かける言葉が見つからなかった。

その時、妻の隣に4~5歳ぐらいの男の子が座った。

「あのね、これあげるから、もう泣かないで」

その子が差し出した手の上には2つの指輪。おそらくお菓子のおまけだと思う。

男の子「水色のは泣かないお守り。こっちの赤いのはお願いできるお守り。」

私「いいの?だって、これ、ボクのお守りなんでしょ?。」

男の子「いいよ、あげるよ。ボクね、これ使ったら泣かなくなったよ。
    もう強い子だから、いらないの」

私「赤い指輪は?。お願いが叶うお守りなんでしょ?。これは、いいよ」

男の子「これね、2つないとパワーがないんだって。おとうさんが言ってた」

そう言うと男の子は「だから、もう泣かないで」と言いながら妻の頭を撫でた。

少し離れたところから「ゆうき~、帰るよ~」という彼のお父さんらしき人が彼を呼ぶと

男の子は妻の膝に2つの指輪を置いて

「じゃあね、バイバ~イ」と言って去っていった。

今時珍しい5分刈頭で、目がくりっとしたかわいい男の子だった。

私はその子の後姿をずっと目で追っていたが、ふと隣を見ると

妻は2つの指輪をしっかりと握り締めていた。

迷信とか宗教とかおまじないとか、そういったものはまったく信じない2人だけど

この指輪だけは、私たちの夢を叶えてくれる宝物に見えた。

その日から妻は、さすがに子供用の指輪なのでサイズが合わないため

紐をつけてキーホルダーにしていた。

それから2年半後の今年2月9日、我が家に待望の赤ちゃんが誕生した。

2770gの女の子。

名前は、あの男の子にあやかって「有紀(ゆうき)」にした。

生まれる前から、男の子でも女の子でも「ゆうき」にしようと決めていた。

ゆうきくん、あの時は本当にありがとう。

あの時、君に会えていなかったら、

君に慰めてもらえなかったら

今、この幸せを感じることはできなかったと思う。

私たち家族は、君に助けてもらいました。

君からもらった2つの指輪は、

娘のへその緒と一緒に、大事に保管してあります。

我が家の宝物です。

うちの娘も、君のように人に幸せを分けて上げられるような

子に育って欲しい。

本当に、本当にありがとう。

月まで届くホームラン ~少年はその選手へファンレターをつづり~
アメリカのとある地方に野球が大好だけれども目が見えない少年がいました。手術を前に少年は一人の大リーグ選手へ気持ちを伝えま...
祖父の誓い ~近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた~
彼の祖父は癌によって亡くなりましたが、生前、痛みを和らげる治療を含む一切の治療を拒否していました。苦しみながらも頑なに治...
2つのセーブデータ ~オマエ退院するまでコレ借してやるよ~
小児喘息で入院した少年は携帯ゲーム機を通じて同室の少女と友達になりました。やがて少年は退院。しばらくして少女を見舞いに行...
エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...
引き出しの奥の連絡帳 ~学校に行けば、私も輪に入れるのかな…~
少年は病気の彼女をうらやましく思っていました。理由はすぐに学校を早退できるからです。でも、彼女の連絡帳を何気なく覘いたそ...