ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この間1歳半の息子を連れて、友人の家に行った時に友人の祖母に聞いた話です。

友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。

気付いた時はもう手遅れで、1月もたずに亡くなってしまいました。

友人は冷たくなって帰って来たママに、

「おっき、おっき」

と言っていましたが、起きないとわかると

肩をトントン叩いて寝かしつけるマネをしたあと、お腹の上に乗って

うつぶせラッコ寝状態で自分も眠ってしまったそうです。

次の日、ママが棺に入れられる時、

友人はママを持ち上げようと取り囲む人たちを泣いて叩いて、

「マーマ!マーマ!」

と凄い力で引っ張って引き離そうとしていました。

大人に外に連れて行かれても、ママ!の声が聞こえてくるほどでした。

しばらくして友人が戻ると、棺に釘が打ち込まれた後でした。

友人はママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようとして、

開かないと打ち込んだ釘を引き抜こうと一生懸命になっていました。

それでも棺は運ばれていき、友人は家に置いて行かれました。

友人の祖母が帰ると、友人は眠っていました。

留守番の人の話によると、泣いて泣いて、突然ふっ、と

気を失うように眠ってしまったそうです。

その後起きた友人は声がかれてしまっていました。

でも、それ以来訳がわからなくなるほど泣く事はありませんでした。

そして、言葉も話さなくなりました。

2歳すぎまで一言も単語を言わなかったそうです。

あの時の事は忘れられない、と友人の祖母は泣きながら話してくれました。

それから21年。友人は、来月ママになります。

ずうずうしい猫 ~6kgの巨体でホットカーペットを占領する…~
「ずうずうしい猫」を題材にした2ちゃんねるの書き込みです。感動するというより「笑える」という感じの書き込みなんですが、な...
しょっぱいお豆 ~事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり…~
誰かが交通事故を起こせば、不幸になるのは被害者とその家族だけではなく、事故を起こした加害者の家族も不幸になるのです。「誰...
ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~
祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しい...
ロッキーは俺のヒーロー ~ロッキーが来るのはありえないと思ってた~
少年はお母さんの実家の近所の大きな川で遊んでいたのですが、コケに足を滑らせて川に転落。死を覚悟したそのとき現れた救いの主...
母の炊き込みご飯 ~「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」~
小学校の頃に大好きだったお母さんの炊き込みご飯。誕生日や記念日には必ず出てきていた炊き込みご飯。大人になって、実家に帰る...