ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この間1歳半の息子を連れて、友人の家に行った時に友人の祖母に聞いた話です。

友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。

気付いた時はもう手遅れで、1月もたずに亡くなってしまいました。

友人は冷たくなって帰って来たママに、

「おっき、おっき」

と言っていましたが、起きないとわかると

肩をトントン叩いて寝かしつけるマネをしたあと、お腹の上に乗って

うつぶせラッコ寝状態で自分も眠ってしまったそうです。

次の日、ママが棺に入れられる時、

友人はママを持ち上げようと取り囲む人たちを泣いて叩いて、

「マーマ!マーマ!」

と凄い力で引っ張って引き離そうとしていました。

大人に外に連れて行かれても、ママ!の声が聞こえてくるほどでした。

しばらくして友人が戻ると、棺に釘が打ち込まれた後でした。

友人はママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようとして、

開かないと打ち込んだ釘を引き抜こうと一生懸命になっていました。

それでも棺は運ばれていき、友人は家に置いて行かれました。

友人の祖母が帰ると、友人は眠っていました。

留守番の人の話によると、泣いて泣いて、突然ふっ、と

気を失うように眠ってしまったそうです。

その後起きた友人は声がかれてしまっていました。

でも、それ以来訳がわからなくなるほど泣く事はありませんでした。

そして、言葉も話さなくなりました。

2歳すぎまで一言も単語を言わなかったそうです。

あの時の事は忘れられない、と友人の祖母は泣きながら話してくれました。

それから21年。友人は、来月ママになります。

軽自動車のナンバー ~お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな~
若い女性がお父さんに軽自動車を買ってもらいました。そして、その車のナンバーをある言葉の語呂合わせにしたのです。すごく短い...
アルコールのニオイがする日記 ~もう怖くない・・・愛してます~
幼馴染の彼女は病気と戦っていました。彼女の入院費を稼ぐために働く両親の代わりに、彼は必死で彼女を支え、彼女の孤独な病院生...
心が温かくなるすれ違い ~うん。わかるよ、いきなりこんな事言われたら…~
十分でない意思の疎通や勘違というものは、多くの場合、人間同士の信頼関係を壊す方向に作用します。しかし時にはそういった意思...
親父に貰った金ピカの時計 ~あてになんねーだろ人のゆうことなんざ~
「金に困ったら売れ!」と、お父さんから貰った時計は偽物でした。しかしそれは、経営者として生きてきたお父さん流の教育でした...
天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~
幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余...