ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この間1歳半の息子を連れて、友人の家に行った時に友人の祖母に聞いた話です。

友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。

気付いた時はもう手遅れで、1月もたずに亡くなってしまいました。

友人は冷たくなって帰って来たママに、

「おっき、おっき」

と言っていましたが、起きないとわかると

肩をトントン叩いて寝かしつけるマネをしたあと、お腹の上に乗って

うつぶせラッコ寝状態で自分も眠ってしまったそうです。

次の日、ママが棺に入れられる時、

友人はママを持ち上げようと取り囲む人たちを泣いて叩いて、

「マーマ!マーマ!」

と凄い力で引っ張って引き離そうとしていました。

大人に外に連れて行かれても、ママ!の声が聞こえてくるほどでした。

しばらくして友人が戻ると、棺に釘が打ち込まれた後でした。

友人はママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようとして、

開かないと打ち込んだ釘を引き抜こうと一生懸命になっていました。

それでも棺は運ばれていき、友人は家に置いて行かれました。

友人の祖母が帰ると、友人は眠っていました。

留守番の人の話によると、泣いて泣いて、突然ふっ、と

気を失うように眠ってしまったそうです。

その後起きた友人は声がかれてしまっていました。

でも、それ以来訳がわからなくなるほど泣く事はありませんでした。

そして、言葉も話さなくなりました。

2歳すぎまで一言も単語を言わなかったそうです。

あの時の事は忘れられない、と友人の祖母は泣きながら話してくれました。

それから21年。友人は、来月ママになります。

月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~
彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬...
娘のいたずら ~嫁は激怒、しかられて長女も大泣き~
4歳の娘さんが幼稚園の行事の参加記念品としてもらったクレヨンのセット。ところがそれをその日の内に全部ボキボキに折ってしま...
ばあばとの約束 ~妻よ、きみと俺の愛する娘は今日4歳になったよ~
彼の奥さんが他界してから7ヶ月後、娘さんは4歳の誕生日を迎えました。その日、親子は奥さんの墓参りへ行ったのですが、娘は墓...
2つのセーブデータ ~オマエ退院するまでコレ借してやるよ~
小児喘息で入院した少年は携帯ゲーム機を通じて同室の少女と友達になりました。やがて少年は退院。しばらくして少女を見舞いに行...
痰助と名付けた猫 ~湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた~
その猫と彼の出会いは湖の駐車場。帰りの車内で喉に痰を詰まらせる猫の様子を見て彼は「痰が詰まってるから痰助」と名付けました...