ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この間1歳半の息子を連れて、友人の家に行った時に友人の祖母に聞いた話です。

友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。

気付いた時はもう手遅れで、1月もたずに亡くなってしまいました。

友人は冷たくなって帰って来たママに、

「おっき、おっき」

と言っていましたが、起きないとわかると

肩をトントン叩いて寝かしつけるマネをしたあと、お腹の上に乗って

うつぶせラッコ寝状態で自分も眠ってしまったそうです。

次の日、ママが棺に入れられる時、

友人はママを持ち上げようと取り囲む人たちを泣いて叩いて、

「マーマ!マーマ!」

と凄い力で引っ張って引き離そうとしていました。

大人に外に連れて行かれても、ママ!の声が聞こえてくるほどでした。

しばらくして友人が戻ると、棺に釘が打ち込まれた後でした。

友人はママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようとして、

開かないと打ち込んだ釘を引き抜こうと一生懸命になっていました。

それでも棺は運ばれていき、友人は家に置いて行かれました。

友人の祖母が帰ると、友人は眠っていました。

留守番の人の話によると、泣いて泣いて、突然ふっ、と

気を失うように眠ってしまったそうです。

その後起きた友人は声がかれてしまっていました。

でも、それ以来訳がわからなくなるほど泣く事はありませんでした。

そして、言葉も話さなくなりました。

2歳すぎまで一言も単語を言わなかったそうです。

あの時の事は忘れられない、と友人の祖母は泣きながら話してくれました。

それから21年。友人は、来月ママになります。

お母さんの勲章 ~小学校の給食費を払えない月もありましたね~
暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。以来、母は昼夜を問わず働きました。そしてどん底の生活に...
女子高生の怒り ~ここの人らは歩いて来てくれはったんや~
自衛隊の存在は憲法違反だと叫ぶ人達がいます。が、その一方で自衛隊の存在によって救われた方々も沢山います。救われた側のその...
ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~
お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮...
常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~
彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことな...
妖精の衣装 ~俺には妹がいるんだが、これが何と10も年が離れてる~
女の子が保育園のお遊戯会の妖精役から外されて泣いています。ここのお家は「母子家庭だから衣装を用意できないだろう」というの...