常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~

コンビニエンスストアの入り口

彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことなどですが、5年ぶりに寄った勤め先でその後の話を知ります。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

数年前までバイトしてた

早朝~だったんで、常連にヤの字やお水の兄ちゃんや姉さんが多かった

酒入ってる率が高く、ちょっと迷惑行為もあったが、

基本的には高額購入の多いお得意さんだった

ある日、常連兄さんが喪服で葬儀用のお供え袋を買った

「ワイは字が下手じゃけん、店で一番上手いヤツが書いてくれんか」

店長含め、三人で薄墨筆ペン試し書き。結果自分が書いた

兄さんは照れくさそうに礼を言い、

自分が世話になった人の葬式だから、と目を潤ませていた

その後、兄さんは自分のいる時間帯で少なくとも二回、

迷惑客や珍走団を静かに説き伏せて追い払ってくれた

同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく、

自分や店長がこっそり橋渡し(居合わせたら二人に世間話を振ったり)してた

先日、辞めてから久々に店に行ったら、店長が教えてくれた

「自分が辞めてから、あの二人が結婚したで。ありがとうって、伝言預かってる」

今も二人は常連だそうだ

正確には兄さんが早朝、姉さんは子供と通い始めた幼稚園帰りに

自分が最後に作ったポケモンのPOPは、色あせたままその子に貰われていったそうだ

五年振りのレジ前で泣いてしまった

引き出しの奥の連絡帳 ~学校に行けば、私も輪に入れるのかな…~
少年は病気の彼女をうらやましく思っていました。理由はすぐに学校を早退できるからです。でも、彼女の連絡帳を何気なく覘いたそ...
自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~
その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているの...
ずうずうしい猫 ~6kgの巨体でホットカーペットを占領する…~
「ずうずうしい猫」を題材にした2ちゃんねるの書き込みです。感動するというより「笑える」という感じの書き込みなんですが、な...
小学一年の聖人 ~「兄ちゃんなんかバカじゃないか」~
ある家庭に脳に障害のある男の子が生まれ、その数年後に次男が誕生しました。小さい頃は弟が兄を蔑むような言動がありました。し...
継母がくれたもの ~あの子なら、命かけてでも守れる自信がある~
小学2年の頃、父の後妻となった継母。継母との関係は嫌いではないけれどなんだかギクシャク。でも、その継母がくれたものはあま...