ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~

畳まれて片付けられたダンボール箱

その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛び散って迷惑…」との苦情が。渋々片付け始めたところ…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

春一番が吹き荒れた日。

本当に物凄い強風で店の看板が倒れたり、

その日は朝からトラブル続きでずっと落ち着かず、疲れ切っていた。

そんなとき、若いカップルのレジをしたら男のほうが

「駐車場の段ボールが飛び散って迷惑なんですけど。あのままにしておいていいんですか?」

と少し怒りながら言ってきた。こっちも疲れ切ってイライラしていたので

「申し訳ございません今すぐ片付けます」

と適当にその場を収めて嫌々強風の吹き荒れる外へ出て駐車場を見たら見事に段ボールが一面に散らばり舞っていた。

片付けるにもその最中も強風が吹き止むはずもなく気の遠くなるような作業だった。

もうこのまま放っとけばどっかいくだろ。なんて思いながら掻き集めていたら後ろから

「すみません、これ・・・」と、さっきのカップルの彼女の方が私より遥か多くの段ボールを抱えて立っていた。

くるくる綺麗に巻いた髪がボサボサになっていた。

ひらひらの綺麗なワンピースを着ているのに、汚い段ボールを胸いっぱいに抱えていた。

その後ろには彼氏が、段ボールをたくさん抱えて立っていた。

とても自分が恥ずかしくなった。

申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

カップルから段ボールを受け取って深くお辞儀をすることしかできなかった。

最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~
詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。つ...
55年越しのゴールイン ~マラソンの発展のために50年間尽くしてきた~
日本の「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)さん。1912年(明治45年)にストックホルムオリンピックに...
赤と水色のおもちゃの指輪 ~もう私頑張れないかも。もう、駄目~
中々子供に恵まれないその夫婦は、三度目の流産を告げられた後、病院の待合室で悲しみに暮れていました。その時です、「もう死に...
親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~
「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言った...
母さんのサンドイッチ ~まさ君… お母さんはどうなっちゃうんだろ~
交通事故をきっかけに、お母さんが鬱になってしまいました。頼れる者もない状況の中で、受験を控えた中学3年生の息子さんが、辛...