ずうずうしい猫 ~6kgの巨体でホットカーペットを占領する…~

ホットカーペットの上で仰向けになる太った猫

「ずうずうしい猫」を題材にした2ちゃんねるの書き込みです。感動するというより「笑える」という感じの書き込みなんですが、なんかほのぼのとした優しさを感じるのでご紹介します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

5 名前:水先案名無い人 [sage] 投稿日:2008/12/31(水) 08:33:06 ID:3/Ho9Bzi0

【お悩み相談】ずうずうしい野良猫

Q.通ってくる野良猫が大変にずうずうしく、困っています。

始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空、外は辛かろうと一度玄関に泊めたのが運の付き。

それから飯をねだるだけでなく、毎日家の中に入ってきて、6kgの巨体でホットカーペットを占領するようになりました。

野良の分際で、根が生えたようにホカペから離れず、

家人が部屋のドアを開け閉めすれば寒いと鳴き、

部屋から人がいなくなれば誰か来いと鳴き、

人が来たら来たで撫でろと鳴き、さらには膝に乗せろと要求する始末。

それでいて、自分が外に出たいときにはとっとと窓際に行き、夜中だろうが家人が寝てようが窓を開けるまでおらび倒します。

こやつ、一度私にとっ捕まって去勢手術されたのですが、拉致して痛い思いさせた相手の前だというのに腹出して寝ている姿を見ると、野良としての矜持はどうしたと小突きたくなります。

どうすればよいでしょうか。

A.あなた以外はみんな気づいていると思いますが、その猫は野良猫ではなく、あなたの飼い猫です。いままでどおり、やさしく世話してあげてください。

ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~
お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮...
小さなママ ~娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている~
奥さんが他界して1年。幼い姉弟を抱える彼の家庭はまだそのショックから立ち直ってはいませんでした。そんな矢先、息子の幼稚園...
幼い娘の言葉 ~そうやって声を掛け合ってるわけよ~
彼は4年ほど前に、交通事故で4歳の息子と妻を失いました。そして残された当時1歳との娘との暮らしがはじまりました。最愛の家...
エルトゥールル号の遭難 ~今もトルコの人達は忘れていません~
明治23年9月16日。台風が大島を襲い、波と風に煽られたトルコ船が樫野崎灯台付近で大破。遭難者を発見した灯台守は樫野の村...
ディズニーランドの星 ~「あの‥‥落とし物をしてしまって」~
ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、ディズニーキャラのサイン帳を落とした男性がやってきました。対応したキャス...