お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~

お婆ちゃんの笑顔

保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆ちゃんが連れていた男の子二人の会話を耳にするのですが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。

母子教室みたいなのの最中、おばあちゃんと男の子が二人迷い込んできた。

「すみません、里親会の集まりの会場はここでしょうか?」

トイレに行くときに貼り紙をみたので、

「それなら、上の階の○○室ですよ」と教えてあげた。

おばあちゃんは、頭を下げながら男の子達の手をしっかり握って去っていった。

でも、○○室って引っ込んでてわかりにくいんだよな~と思い出し、

案内した方が良いかなと思って子供を先生に預けて追いかけた。

前方から聞こえてきた漫画みたいな会話

男の子(小)「さっきのが『おかあさん?』」

男の子(大)「うん、あんな感じ。でも僕らのおかあさんはおばあちゃんだから!」

(小)君と僕が違うところで生まれても兄弟みたいに、

ほんとうのお母さんでなくてもおばあちゃんがおかあさんだから。」

男の子(小)「うん、綺麗なおかあさんたちよりおばあちゃんが一番優しいね、きっと。」

おばあちゃんはただただ交互に男の子2人にほほえみかけていた。

その笑顔はただただ優しくて、このおばあちゃんがこの男の子達に

どれだけの愛情を注いでいるのかわかるようで、何だか泣きたくなった。

駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~
近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日...
父のワイン ~これじゃあ酒でまだお前に負けることはないな~
ある日、今ひとつ仲が良くなかったお父さんとワインを酌み交わしました。お父さんは次の日から入院することになっており、「一応...
投げられなかったブーケ ~「結婚は勝手にしろ。でも式には出ない」~
あるウエディングプランナーさんには忘れられない結婚式があります。その結婚式は新婦のお父さんに強烈に反対されている歳の差カ...
天邪鬼な彼女 ~関係をせまると、あなたは紳士じゃないといわれる~
「右」と言えば左と答え、「白」かと問えば黒と答える、そんな天邪鬼な彼女。彼女の機嫌を損ねないのは大変なことだけれど、それ...
親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...