父のワイン ~これじゃあ酒でまだお前に負けることはないな~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

食卓に用意されたしゃぶしゃぶとボジョレーヌーボー

ある日、今ひとつ仲が良くなかったお父さんとワインを酌み交わしました。お父さんは次の日から入院することになっており、「一応、別れの杯だ」などと冗談を言っていたのですが…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ボジョレーの季節でしょ。

でも僕は下戸なんで、イマイチわからんけど。

いまいち仲が良くなかった父が入院する前夜、

まあいつまで入院するかわからないけど

一応、別れの杯だ、なんて冗談めかして言ったんだ。

こんなの初めてのこと。

ワインが大好きだった父は、とっておいたビンテージ?を

開けて僕と自分につぎわけ、乾杯した。

母も珍しいこともあるもんだと言って、

これまた珍しく家の中で写真をとった。

父と初めて対座して酒を酌み交わすってのが

なんとも居心地が微妙なもので。

かといって 下戸なのですぐに酔ってしまい、

父はカラカラと、これじゃあ酒でまだお前に負けることはないなと

笑っていた。

それで入院。

末期の食道癌で家に帰ることなく闘病4ヶ月であっけなく逝った。

最初で最後の父と息子の晩酌だった。

父の遺品を整理していると、ワインが納屋からまだいくつか出てきた。

僕は銘柄の良し悪しは良く分からないが、ラベルを見てみると、

何か文字がメモしてあった。

「××(僕の名)大学卒業用」

「××就職時用」

「××結婚時用」

瓶を抱いて僕はずっと泣いてしまった。

ワインをあける機会を奪った病気を恨んだ。

それ以来下戸ながら、月の命日には赤ワインを開けて、

父を思い出すようにしている。

僕はもう結婚まですませ子供もできたが、

父の残したボトルは空けてない。

もっと酒を教えてもらえばよかったと、本当に思う。

ディズニーランドの星 ~「あの‥‥落とし物をしてしまって」~
ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、ディズニーキャラのサイン帳を落とした男性がやってきました。対応したキャス...
闇の中のポチ ~薬の副作用で絶えず襲われる虚脱感で半日以上眠り続ける生活~
ある日、巨大掲示板「2ちゃんねる」に愛犬を亡くした女性からの書き込みがありました。その愛犬は、免疫系の病気で精神的に参っ...
トムの桜 ~猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった~
小学校の友人が、子猫をいじめていました。ポリバケツの中に入れられて体の半分以上が水に浸かっているその子猫は今にも死にそう...
温情判決(京都介護殺人事件) ~もう生きられへん。此処で終わりやで~
2006年2月1日未明。当時54歳の片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害し心中を図るという事件が起きました。この事件の裏に...
天国の妻から届いた手紙 ~どうか私のことを忘れないで~
彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ...