月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~

愛犬に寄り添う飼い主

彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬。家族同然にすごした数年の後、別れの時はやってきました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

昨日彼女の家の犬が死んだ。

彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、

両親も彼女もうつ病になってひどい状態だったらしい。

そんなときに引き取ってきた犬だったそうだ。

ところがペットセラピーっていうのかな、

犬と接しているうちにみんなだんだんよくなっていって、また家族で笑い会えるようになったって。

彼女も両親も犬のおかげだって、それはそれは犬を可愛がってたよ。

家族旅行へ行くにも連れてってやってさ、ほんとに家族みたいだった。

彼女なんて犬の散歩の時間になると、デートの途中でも家に帰ってたよ。

何の変哲もない雑種だったのに

「あの子はうちにとっては特別な子なの」っていつも言ってた。

その犬がもういい年だったからさ、最近は弱ってたんだ。

病院に連れてってももう駄目だって言われたから連れて帰ってきたらしい。

うちで最後を迎えさせてやるんだって。

それでとうとう昨日の朝から呼吸が途切れがちになったらしくて、

彼女は仕事を休んでずっと犬につきっきりだった。

俺は犬なんて別に好きじゃないし、どうでもよかったけど、彼女が心配だったから仕事が終わってから寄ったんだ。

もう暗くなってたけど、月が明るかった。

彼女は庭の、犬小屋のそばの金柑の木の下で、毛布を敷いて座って犬を抱いてた。

そこは、木陰で涼しくて犬がいつも寝てたお気に入りの場所だった。

もう動けなくなってて、彼女がスプーンで水を飲ませてやろうとしても飲めなかった。

そうしているうちにだんだん上下してた腹が動かなくなってきた。

彼女はぼろぼろ涙を流しながら犬を撫でてたよ。

彼女の両親も涙目になってそばに立ってた。

それでついに呼吸が止まった。腹も動かなくなった。

そしたら彼女がすんげえ泣いたの。

もう泣くって言うか、悲鳴みたいなのあげながら嗚咽するの。

二十歳超えた大人とは思えない泣き方だった。

俺と別れ話になって泣いたときとは全然違ってたから、

すげえびっくりしてしばらく呆然としたんだけどさ、犬ごと彼女を抱きしめてやった。

それでも彼女は泣き止まなくてさ、庭先であんまりわあわあ大声で泣いてるから、

隣の家の人が出てきたり、自転車の高校生が立ち止まったりしてた。

それでも誰も、何あれーとか言わねえんだよな。

みんな状況を見たら、黙って手を合わせて行くんだよ。

乳母車引いたばあさんなんか、わざわざ庭まで入ってきて、彼女に

「こんな明るいお月さんの下で死ねたんやでな、迷わんときれいなとこに行けたに。」

とか言って慰めてんの。

俺は何が月だ、関係ねーだろ、とか思いながらも、気づいたら俺も泣いてんの。

俺が来るたびほえまくってたあの馬鹿犬なんかちっとも好きじゃなかったのに、

犬を埋めるために金柑の下に穴を掘ってやってんの。

俺は動物飼ったことなかった。

だから犬の扱い方も知らなかった。撫でてやることすらしなかった。

初めて撫でてやったのは、もうほえなくなった硬い体だった。

でも毛はまだふかふかしてた。

彼女が将来俺と結婚してから、犬が飼いたいって言い出したら飼ってもいいなと思ったよ。

でも俺は絶対、彼女より後に死のうと思った。

エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...
最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~
詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。つ...
切れたソリの紐 ~その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら~
子供さんが足を骨折してしまいましたので、雪が積もったある日、幼稚園バスの乗り場までソリにのせて連れて行っていました。する...
女子高生の怒り ~ここの人らは歩いて来てくれはったんや~
自衛隊の存在は憲法違反だと叫ぶ人達がいます。が、その一方で自衛隊の存在によって救われた方々も沢山います。救われた側のその...
国防の盾 ~敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ~
自衛隊反対には、戦時に「殺される覚悟」災害時には「救われない覚悟」が必要です。そうした思想は個人の自由ですが、しかし、そ...