月明かりの下で ~「あの子はうちにとっては特別な子なの」~

新しいサイトを作りました。

あなたの心に感動をお届けするサイト

ココロヲアラウトコロ

感動する動画やエピソードを少しづつ更新しています。もしよかったら遊びにきてくださいね。

愛犬に寄り添う飼い主

彼女のお兄さんが高校生の若さで自殺し、そのショックから彼女や両親はうつ状態に。そんなひどい状況を救ってくれた一匹の雑種犬。家族同然にすごした数年の後、別れの時はやってきました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

昨日彼女の家の犬が死んだ。

彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、

両親も彼女もうつ病になってひどい状態だったらしい。

そんなときに引き取ってきた犬だったそうだ。

ところがペットセラピーっていうのかな、

犬と接しているうちにみんなだんだんよくなっていって、また家族で笑い会えるようになったって。

彼女も両親も犬のおかげだって、それはそれは犬を可愛がってたよ。

家族旅行へ行くにも連れてってやってさ、ほんとに家族みたいだった。

彼女なんて犬の散歩の時間になると、デートの途中でも家に帰ってたよ。

何の変哲もない雑種だったのに

「あの子はうちにとっては特別な子なの」っていつも言ってた。

その犬がもういい年だったからさ、最近は弱ってたんだ。

病院に連れてってももう駄目だって言われたから連れて帰ってきたらしい。

うちで最後を迎えさせてやるんだって。

それでとうとう昨日の朝から呼吸が途切れがちになったらしくて、

彼女は仕事を休んでずっと犬につきっきりだった。

俺は犬なんて別に好きじゃないし、どうでもよかったけど、彼女が心配だったから仕事が終わってから寄ったんだ。

もう暗くなってたけど、月が明るかった。

彼女は庭の、犬小屋のそばの金柑の木の下で、毛布を敷いて座って犬を抱いてた。

そこは、木陰で涼しくて犬がいつも寝てたお気に入りの場所だった。

もう動けなくなってて、彼女がスプーンで水を飲ませてやろうとしても飲めなかった。

そうしているうちにだんだん上下してた腹が動かなくなってきた。

彼女はぼろぼろ涙を流しながら犬を撫でてたよ。

彼女の両親も涙目になってそばに立ってた。

それでついに呼吸が止まった。腹も動かなくなった。

そしたら彼女がすんげえ泣いたの。

もう泣くって言うか、悲鳴みたいなのあげながら嗚咽するの。

二十歳超えた大人とは思えない泣き方だった。

俺と別れ話になって泣いたときとは全然違ってたから、

すげえびっくりしてしばらく呆然としたんだけどさ、犬ごと彼女を抱きしめてやった。

それでも彼女は泣き止まなくてさ、庭先であんまりわあわあ大声で泣いてるから、

隣の家の人が出てきたり、自転車の高校生が立ち止まったりしてた。

それでも誰も、何あれーとか言わねえんだよな。

みんな状況を見たら、黙って手を合わせて行くんだよ。

乳母車引いたばあさんなんか、わざわざ庭まで入ってきて、彼女に

「こんな明るいお月さんの下で死ねたんやでな、迷わんときれいなとこに行けたに。」

とか言って慰めてんの。

俺は何が月だ、関係ねーだろ、とか思いながらも、気づいたら俺も泣いてんの。

俺が来るたびほえまくってたあの馬鹿犬なんかちっとも好きじゃなかったのに、

犬を埋めるために金柑の下に穴を掘ってやってんの。

俺は動物飼ったことなかった。

だから犬の扱い方も知らなかった。撫でてやることすらしなかった。

初めて撫でてやったのは、もうほえなくなった硬い体だった。

でも毛はまだふかふかしてた。

彼女が将来俺と結婚してから、犬が飼いたいって言い出したら飼ってもいいなと思ったよ。

でも俺は絶対、彼女より後に死のうと思った。

兄貴の「カーブ」 ~兄ちゃんがお前を大学に行かせてやる!~
母子家庭で経済的に恵まれていないにも関わらず、彼は大学へと進むことができました。それはお兄さんの頑張りのおかげでした。そ...
押入れの中のアサヒビール ~「 ビールは何を飲むんや?」~
無口でとっても怖い頑固な親父。そんなお父さんが、なぜか毎日孫の世話にやって来るようになりました。その行いの陰にはどんな気...
親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~
「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言った...
迷惑かけてゴメンね ~一年前の今頃、妹が突然電話をかけてきた~
普段あまり交流のない妹から突然の電話。病院で検査をしたら家族を呼べと言われたらしいのです。妹さんは両親に心配をかけたくな...
育ての兄 ~「お前、ウチに住め。中学もこっちに通え」~
彼が中学生の時に交通事故でご両親が他界。頼る者もなくパニック状態の彼を救ったのは、ほとんど顔を合わせないお兄さんでした。...