野球ごめんね ~父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた~

子供を抱き上げてキスをしている木彫りの人形

彼が幼い頃に父親は他界しました。それ以来、母は女手ひとつで彼を育ててくれました。お金が無いので暮らしは決して楽ではありませんでした。けれどあふれるほどの母の愛がありました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。

チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外のベンチで弁当を食べて帰った。

電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

 俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。

新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せてやることもできた。

 そんな母が去年の暮れに亡くなった。

 死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

ファミコンよりも大事なもの ~泣いたね、、。初めて言ったよ~
少年はファミコンが欲しくて堪りませんでしたが、お家は母子家庭で貧乏でした。自力でなんとかしようと新聞配達でお金を貯めまし...
チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~
表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいよう...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...
お父さんとお母さんと夏 ~蚊取り線香の先っちょが赤く光ってる~
昔の夏は暑かったのです。クーラーもそんなに普及していませんでした。でも、そのぶん夏が「夏らしかった」ような気がします。思...
女子高生の怒り ~ここの人らは歩いて来てくれはったんや~
自衛隊の存在は憲法違反だと叫ぶ人達がいます。が、その一方で自衛隊の存在によって救われた方々も沢山います。救われた側のその...