ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~

日記と眼鏡

2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言葉の裏には、受け止めきれないほどの愛が隠れていたのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2年付き合った彼に振られました。

それはもう、彼が言ったとは思えないほどのひどい言葉で。

どんなにまだ好きだと言っても復縁はかなわず、音信不通になってしまいました。

そんな彼の友達から、彼が亡くなったことを聞き、彼が書いた日記をもらいました。

『入院二日目、昨日は周りのモンがめずらしくて初体験ばっかだったけど、今日からヒマなんだよな~。

こうやって日記つけてみたわけだけど、オレのことだから続かんだろなぁ。

N(私のことです)は今頃元気にしてるかなぁ。

最後傷つけちゃったけど、新しい男でも見つけてくれんかなぁ。』

最初、私は彼が病気をしていたことも、入院していたことも知らず夢中で日記を読んでいました。

日記には彼の私への想いがたくさん書いてありました。

『今日テレビでディズニーランドの特集やってた。

Nと行ったことを思い出した。

あいつ買い物大好きだったから、あの時は疲れていい加減にしろとか思ってた。

でも帰りにこっそり買っといてくれたミッキーはうれしかった。

今枕元にあるわけだけど、友達なんかにからかわれるから皆が来るときだけは隠してる。

別れちゃったしなぁ・・・好きなんだよなぁ。』

『夢にNが出てきた。

半年会ってないよなぁ。

別にたいした夢じゃないけど喋った。

それだけで幸せだなぁ。

なんで目、覚めちゃったんだろ。

今ごろ誰と喋ってんだろ。

宇多田の歌みたいだ。』

それは日記では無く、私のことばかり書いてありました。

『やっぱりNが好きだぁぁぁ忘れられねぇぇぇぇぇ。

日常の一つ一つにNが出てくるんだよう。

ばかやろぉぉぉぉぉぉ。』

158 :恋人は名無しさん :05/01/13 14:45:03
そして、次のページが最後でした。

『オレはもうすぐ死ぬらしい。

医者ははっきりとは言わんけど、わかるモンだなぁ。

思えば治らない病気(病名は伏せ)だって聞いてからもう1年だ。

結構長く生きた方だし、充分な人生だったんじゃねぇ?って思おうとしたけどやっぱりダメ。

もっと生きたい。

Nともっと一緒にいたかった。

入院してる間、振ったことを、あんなひどい言葉を言ってしまったことをずっと後悔してきた。

でも、完治なんて可能性が無い。

Nはキレイだし性格いいんだからすぐ次に男ができる。

オレのために人生棒に ふらせるわけにはいかん・・・って何回も納得したはずなのに。

Nと喋りたい。

今から電話したい、会いたい。

まだ死にたくない。

まだフォアグラ食べてないし、USJ行ってない。

大学卒業したかったし、母さんに親孝行もしたかった。

ベタでも父さんと酒飲みたかった。

Nをもっと抱きたい。

結婚して子ども欲しかった。

おじいちゃんおばあちゃんになっても手とつなぐような夫婦になりたかった。

Nにあいたい。

でももう叶わない。

後悔してばっかりだった。

死ぬときは笑っていきたいけど、本音は辛すぎる。

N、やっぱりまだまだ愛してる。

オレのこと忘れて幸せになれよ。』

涙が止まりませんでした。

彼は私のことを常に考えてくれて、でも私は彼の体のことなんてまったく気付かずに自分のことばっかり考えていました。

何で死んじゃったんだろう。

私には彼しかいないのに。

友達はこの日記を病院のゴミ箱で見つけたそうです。

私に見つからないようにだと思います。

私のことをここまで想ってくれる人はもういません。

お葬式には行けませんでした。

明日は彼の一周忌です。

最初は自暴自棄な私でしたが、彼の遺志を尊重するために幸せになろうと思います。

投げられなかったブーケ ~「結婚は勝手にしろ。でも式には出ない」~
あるウエディングプランナーさんには忘れられない結婚式があります。その結婚式は新婦のお父さんに強烈に反対されている歳の差カ...
祖父の誓い ~近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた~
彼の祖父は癌によって亡くなりましたが、生前、痛みを和らげる治療を含む一切の治療を拒否していました。苦しみながらも頑なに治...
自分宛の切ないメッセージ ~頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ~
その少年は、半年前の自分自身へ、あるメッセージを送りたいと思っています。もちろんそれが叶わぬ願いであることは知っているの...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...