魔法のポケット ~このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!~

夜の公園に捨てられた空き缶

彼の幼稚園の制服のポケットは魔法のポケット、叩くとなんでも欲しいものが出てきます… と、少なくとも彼自身はそう信じていました。けれど、どうしても欲しいアレだけは出てきません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」

そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いてた友達Aの息子

ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、小指の先サイズのドラえもん、母親とのプリクラ、それにムシキングカードなどなど…

その子にとっての宝物が詰まってた

「ぽっけ叩いたら欲しいもん何でも出てくんねん(`・ω・´)三3フンフン!!」

ソレ聞いて少しイジワル言ってみた

「じゃあミニカー出してみて」

前から欲しがっていて 持っていない事は知っていた

その子はムキになって

「あるもん!!フン!フン!」とポケットをパンパン叩いて宝物を散らかしていった

私はその子の隙を見てあらかじめ買っておいたミニカーを そっとポケットに忍ばせた

「フン!…あっ!! …フフ~ン♪」

得意気に出てきたミニカーを私に見せびらかしてたが、物陰で

(´・ω・`)??

みたいな顔してた

かなり萌えた

ある日Aが死んだ

脳溢血だった 職場で突然倒れそのまま逝ってしまった

友達はいわゆるシングルマザーで家族は60を過ぎた御両親だけ

私達も悲しみにくれる間も殆ど無く、葬儀の準備の手伝い、関係者への連絡などで忙殺されていた

その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を何度も何度も読んでいた

通夜が始まりしばらく経った頃、彼が居ない事に気付いた

私と手の空いた者が付近を探した

しばらく探していると友達Bから着信

小さな公園で見つけたとの事

急いで駆けつけるとBは公園の入口で、どういうワケかうずくまって泣いていた

フッ…と公園の中を見ると彼が居た

暗い街灯の下、

「…お母さん、お母さん…お母さん…」

と泣きながら必死にポケットを叩いてた

周りには宝物が散らばっていた

恥ずかしながら20代女、その子慰める前に しばらくの間 泣き崩れてしまいました

声を殺して抱きしめる事しか出来なかった

いつの間にか集まってたみんなも泣いていた

あの日は全てが悲しくて仕方がなかった

あれから二年

もうポケットは叩く事は無くなった

代わりに

「ぐらふぃっくあーてぃすとになんねん(`・ω・´)三3ムフー!!」

が口癖になった

最近、ずっと絵を描いてるのはソレだったのか

どうやらBが 「お母さんの夢やったんよ」 と教えたらしい

その話を聞いた瞬間、また泣いてしまった

子供の言葉で、何だかこっちの方が救われた気がしたんです

少し画家と混同しているみたいだけど、頑張れ

君には5人のお母さんがついてるぞ

その日までちゃんとAの分まで全力で見守ってるからね

上田勝恵一等海佐の粋な対応 ~対応した「かしま」艦長はこう答えた~
2000年7月4日。20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う式典に参加した自衛艦「かしま」に、英国の豪華客船「クイーンエリ...
笑う女子高生 ~「てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!」~
都内某所にお花見に行った時のこと。その日はやけに肌寒く、温かい飲み物を求めて最寄のスターバックスは長蛇の列。彼女もそこに...
親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...
年上だった彼女 ~指輪を彼女の指につけてもいいか?と聞きました~
彼には「結婚相手」と信じて疑わない彼女がいました。ある日のこと、仕事がひと段落ついて食事に行こうとしたその時に電話がなり...
血だらけのその手 ~ごめんね。帰省させなきゃ良かったね。~
彼女は普段、あまり喜怒哀楽を表さない姑と「が通じ合っていない」と感じていました。けれど、突然に未曾有の大災害が襲ってきた...