魔法のポケット ~このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!~

夜の公園に捨てられた空き缶

彼の幼稚園の制服のポケットは魔法のポケット、叩くとなんでも欲しいものが出てきます… と、少なくとも彼自身はそう信じていました。けれど、どうしても欲しいアレだけは出てきません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」

そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いてた友達Aの息子

ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、小指の先サイズのドラえもん、母親とのプリクラ、それにムシキングカードなどなど…

その子にとっての宝物が詰まってた

「ぽっけ叩いたら欲しいもん何でも出てくんねん(`・ω・´)三3フンフン!!」

ソレ聞いて少しイジワル言ってみた

「じゃあミニカー出してみて」

前から欲しがっていて 持っていない事は知っていた

その子はムキになって

「あるもん!!フン!フン!」とポケットをパンパン叩いて宝物を散らかしていった

私はその子の隙を見てあらかじめ買っておいたミニカーを そっとポケットに忍ばせた

「フン!…あっ!! …フフ~ン♪」

得意気に出てきたミニカーを私に見せびらかしてたが、物陰で

(´・ω・`)??

みたいな顔してた

かなり萌えた

ある日Aが死んだ

脳溢血だった 職場で突然倒れそのまま逝ってしまった

友達はいわゆるシングルマザーで家族は60を過ぎた御両親だけ

私達も悲しみにくれる間も殆ど無く、葬儀の準備の手伝い、関係者への連絡などで忙殺されていた

その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を何度も何度も読んでいた

通夜が始まりしばらく経った頃、彼が居ない事に気付いた

私と手の空いた者が付近を探した

しばらく探していると友達Bから着信

小さな公園で見つけたとの事

急いで駆けつけるとBは公園の入口で、どういうワケかうずくまって泣いていた

フッ…と公園の中を見ると彼が居た

暗い街灯の下、

「…お母さん、お母さん…お母さん…」

と泣きながら必死にポケットを叩いてた

周りには宝物が散らばっていた

恥ずかしながら20代女、その子慰める前に しばらくの間 泣き崩れてしまいました

声を殺して抱きしめる事しか出来なかった

いつの間にか集まってたみんなも泣いていた

あの日は全てが悲しくて仕方がなかった

あれから二年

もうポケットは叩く事は無くなった

代わりに

「ぐらふぃっくあーてぃすとになんねん(`・ω・´)三3ムフー!!」

が口癖になった

最近、ずっと絵を描いてるのはソレだったのか

どうやらBが 「お母さんの夢やったんよ」 と教えたらしい

その話を聞いた瞬間、また泣いてしまった

子供の言葉で、何だかこっちの方が救われた気がしたんです

少し画家と混同しているみたいだけど、頑張れ

君には5人のお母さんがついてるぞ

その日までちゃんとAの分まで全力で見守ってるからね

兄貴の「カーブ」 ~兄ちゃんがお前を大学に行かせてやる!~
母子家庭で経済的に恵まれていないにも関わらず、彼は大学へと進むことができました。それはお兄さんの頑張りのおかげでした。そ...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...
笑う女子高生 ~「てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!」~
都内某所にお花見に行った時のこと。その日はやけに肌寒く、温かい飲み物を求めて最寄のスターバックスは長蛇の列。彼女もそこに...
【動画】知っていますか? 大和民族の真の姿を(第二次世界大戦と東日本大震災)
これらを視聴した方が、どのように感じられるかは分かりませんが、私個人としては、「日本人はもっと自信をもってよいはずだ」と...
引き出しの奥の連絡帳 ~学校に行けば、私も輪に入れるのかな…~
少年は病気の彼女をうらやましく思っていました。理由はすぐに学校を早退できるからです。でも、彼女の連絡帳を何気なく覘いたそ...