娘のアルバイト ~小2の娘がバイオリンを習いたいと言い出した~

バイオリンを弾く少女

小2の娘さんが「バイオリンを習いたい」と言い出しました。奥さんは習わせたい言いますが彼は反対し夫婦喧嘩に発展しますが、それを収めたのは意外過ぎる所からの一本の電話でした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

昨夜、嫁とケンカした

きっかけは些細なことで、小2の娘がバイオリンを習いたいと言い出したこと

嫁は「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」

俺は「どうせ思いつきだろ、ほっといたら三日で忘れる」

まぁ、俺はその日仕事でトラブルがあってイライラしてたっていうのもあったんだけどね

最終的に「俺は仕事で疲れてるんだから黙ってろ!」と思わず怒鳴ってしまい、終了

翌朝、俺も嫁も険悪なムードのまま、二人とも仕事に出た

 

仕事から帰ってきたとき、嫁はまだ泣きはらした目をしていた

なんとなくバツが悪くなって俯いてしまったとき嫁が

「あ…違うの。あのね、ちょっとこれ見て」と新聞の切り抜きを俺に渡してきた

それは「DM封入のバイト」の募集記事で「封筒に紙を入れるだけの簡単な仕事です!」と書いてあった

 

俺「これがどうかしたの?」

嫁「今日ね、この会社から電話があったの」

俺「?」

嫁「○美(娘)がね、この会社に働きたいって電話したんだって」

俺「はぁ?」

嫁「先方が声も幼いし、おかしいと思って○美に連絡先を聞いてうちに電話をくれたの。

  ○美に確認したら…(ここらへんで涙ポロポロ流しだした)…

  ○美がね、『ママとパパ、ケンカしてるのが自分のせいなのがわかったからいやだった。

  だから、私も働いてパパのお仕事の大変さをわかりたかったし、お金も稼げるし

  そしたらバイオリンもならえるし、パパもママもケンカしなくてすむから

  一番いいと思ったの』って言うの…」

 

気がついたら俺も泣きそうになってて、嫁が「ごめんね」なんて言うもんだから、余計に泣きそうになって

顔あげたら、ちょうどドアから○美がこっちをこっそり覗いてた

俺は○美を部屋にいれ、盛大に説教をした

お前は働かなくていいんだ、つーか、勉強しろ、その代わりママとパパはできるだけケンカしないようにする

バイオリンは習ってヨシ、ただし、途中で止めるとかいいだすな判ったか!…とね

でもさ、説教しながら、俺、泣いてんのw

こんな小さい娘に気をつかわせるほどピリピリしてた自分に後悔しつつ

こんな良い娘に育ってくれたことを感謝しつつ、涙が止まらないんでやんのw

いやー、うちの娘は世界一の良い娘だ。マジそう思うw

kokoro堂の管理人です。

ようこそ「kokoro堂」へ。当サイトは感動する話、泣ける話などをネットで拾い集めるまとめサイトです。嫌なニュースや出来事、ストレスなどで心が汚れちゃったら遊びに来てください。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する