オムライスとご飯 ~かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた~

オムライスとライス

彼の家は母子家庭でとても貧乏でした。貧乏であるがため高校に進学することすらできず、そのため学がありません。食事に行ってもメニューが読めないほどに学が無かったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

20年前ぐらいの前の話

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。

子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。

それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。

死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。

飯食いに行こうって話になった。

メニューの漢字・・・読めなかった。

読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。

同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。

店員、固まってた。

クスクスって笑い声も聞こえてきた。

そしたら同級生

「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・

店出た後、同級生が一言

「うまかったな」って言った。

「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた

心の底から人に「ありがとう」って思った。

そいつは今でも親友です。

心が温かくなるすれ違い ~うん。わかるよ、いきなりこんな事言われたら…~
十分でない意思の疎通や勘違というものは、多くの場合、人間同士の信頼関係を壊す方向に作用します。しかし時にはそういった意思...
月まで届くホームラン ~少年はその選手へファンレターをつづり~
アメリカのとある地方に野球が大好だけれども目が見えない少年がいました。手術を前に少年は一人の大リーグ選手へ気持ちを伝えま...
空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~
クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱っ...
お父さんとお母さんと夏 ~蚊取り線香の先っちょが赤く光ってる~
昔の夏は暑かったのです。クーラーもそんなに普及していませんでした。でも、そのぶん夏が「夏らしかった」ような気がします。思...
お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~
保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆...