オムライスとご飯 ~かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた~

オムライスとライス

彼の家は母子家庭でとても貧乏でした。貧乏であるがため高校に進学することすらできず、そのため学がありません。食事に行ってもメニューが読めないほどに学が無かったのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

20年前ぐらいの前の話

当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。

子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。

それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。

死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。

飯食いに行こうって話になった。

メニューの漢字・・・読めなかった。

読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。

同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。

店員、固まってた。

クスクスって笑い声も聞こえてきた。

そしたら同級生

「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・

店出た後、同級生が一言

「うまかったな」って言った。

「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

泣けてきた

心の底から人に「ありがとう」って思った。

そいつは今でも親友です。

埃まみれのパンチパーマ ~使い捨てカメラで撮影してはギャーギャー騒いで~
阪神大震災後、あるファミレスが食事をボランティアで無料提供。目が回りそうな忙しさの中、恐らくは他県から震災見物に来た若者...
ブラウン管の外のプロポーズ ~彼女ビックリしてた。目がまん丸~
ある男性が5年以上同棲している彼女にプロポーズを決意。その経緯を2ちゃんねるに書き込んだのですが、展開は意外なものでした...
十二歳違いの娘 ~ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな~
当時25歳だった彼の結婚相手には13歳の連れ子がいました。数年が過ぎて娘が17歳になった時、奥さんが突然の交通事故で帰ら...
ロッキーは俺のヒーロー ~ロッキーが来るのはありえないと思ってた~
少年はお母さんの実家の近所の大きな川で遊んでいたのですが、コケに足を滑らせて川に転落。死を覚悟したそのとき現れた救いの主...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...